平和ボケ。

2011年3月13日(日)


東日本を襲った大地震から二日。

未だに東北地方では

地震が絶えず、

連日そのニュースが放送されている。


関東でも震度4以上の地震があり、

余震も長引いているせいか

揺れているのかいないのか,わからない時がある。


来年2012年は大地震が起こると予測されている年だという。

一説には日本列島が二つに分かれるとか。

北よりプレートがズレつつあり、

関東にもいつ大きな地震が襲ってるかわからない。


地震から一夜あけると、

スーパーには大勢の人たちが一気に押し寄せて

カップ麺や防災グッズをはじめとする,商品を買いあさる人が殺到した。


いつ、食料品も底をつきるかわかったものではない。


近年は、すっかり関東大震災や阪神・淡路大震災の事など

忘れており、

すっかり平和ボケしてしまった私達は

窮地に立たされてやっと、

危機への「自覚」を覚えるのである。

普段から、防災グッズや食料を常備しておくことに越した事はないのだが…。


人間は…

痛い目にあって、ようやく危機感を覚えるのだ。

…ということが改めてよくわかった。


それでも安定した生活が出来ている間は

自分や状況に甘えてしまう。

いつ死ぬかわからないのに、

電気を無駄づかいしてしまったりね。


節電に節食。

こういうときこそ、地球のため、また,自分達の明日を考えるべきなのにね。

呑気だ。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-03-03 19:14 | 独り言。