知ること、受け入れること。

2011年3月14日(月)


今日もまだ、地震が発生し、

そして先週末の大地震のニュースは絶えず続いている。

避難した人々の生活も

身近なところから、さらに厳しくなりつつある。


津波の恐ろしさは凄まじいものだ。


避難生活をしている人たちは

自由が奪われ、あらゆるものへの我慢を強いられているわけで

まだ、通常の生活を送れている人は

贅沢など言っていられない。

多少の我慢は必要なのはわかっているけど…

しかし、こちらも影響を受けていないわけではないし、

いつ生活に困るか時間の問題かもしれない。


大地震の一番の被害を受けた土地から

離れた場所でもやはり地震への恐怖を募らせる人が多い。

精神的にも追いやられている状況。


そんな状態でさらに不安や恐怖に襲われるようなことは

聞きたくないというのはわかる。

実際聞かされた者としても不安が大きくなった。

だけど、どんなに恐ろしい可能性でも

やっぱり目を背けたりせず、

聞き入れるべきだと私は思う。


僅かかもしれないけれど

その可能性があると知っていると知らないとでは

覚悟とか気持ちの面で違うはずだから。


恐ろしい現実の話を聞かされてもそうでなくても

最近の状況から

関東にも東北での悲劇が起こりうるだろうというのは

イヤでも想像してしまう。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-03-31 09:00 | 独り言。