生きるということ。

2011年3月16日(水)


11日(金)に大きな地震があってから

地震のない日がない。

一日一回、日が昇り,沈むように

「日常化」しているから恐ろしい。

短時間でかつて終わっていた,本地震と余震だったけれど

今も尚、続いているから

これが余震なのかどうかはわからない。

何もなくてもカラダは小刻みに揺れている。

じっとしているとその感覚が続く。


そんな中でメディアに仰がれて

パニック状態に陥っている今、

とり付かれたように「買い物漁り」をしている。

どこへ行っても町中にその空気が漂う。

そして、節電ゆえ どこも夜の閉店前の雰囲気。


一人でトイレットペーパーを二つや三つ抱えている人もいた。

昨日今日でやっと「点数制限」が設けられたけれど

何回もレジに並ぶという人は少なからず居る。


だけど、一人で欲張って買う人たちが続出することなんて

地震が起こった時点で想像できそうなものなのに

今更?と思う。

翌日くらいから制限していればいいのにって思うけれど

それは結果論に過ぎない。


でも。

たとえ制限がなくても

やっぱり 遠慮 はするべきだよね。


自分さえ良ければイイ

なんて考える人たちが

残念なことにいる。

こういう状態になると

「人への思いやりのなさ」が際立って見える。


自分が買い占めてしまうことで

困る人たちが出てくるということを考えられない人は

かわいそう。

言い換えれば、窮地に立たされると『心の貧しさ』が浮き彫りになってしまう。

自分の前で装っていたものは

地震と共に吹き飛んでしまうらしい。


それで思うんです。

自分,あるいは自分たちだけが助かってどうなる?って。

自分だけ助かっても

生きていけないのに、自分だけ助かろうってどうなんだろうって思うんです。

社会は,また 個人一人一人の人生というものは

自分以外の人たちがいて,

支えあって成立するものなのにね。


そんな自分・自分たちしか見えていない人たちに

生き残っても

「自分だけ助かっても良かったのだろうか?」と

言ったある女性の言葉を聞いて欲しいものだ。


また。

選択することの出来ない人たちが大勢いる現状があるのに,

また選択肢があるだけ贅沢なのに

やたらと文句つけたり、

こだわって選ぶというのは

選択肢がない人たちへとても失礼だ。


広い荒野で自分たちだけが取り残されるように生き延びたということを想像して欲しいものだ。

それより、一人でも多くの人たちが生き残れるよう,

多く買うのではなく、むしろいつもどおりの買い物に

とどめた方がいいと思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-10-24 00:08 | 独り言。