自分のためだけでなく、人のために。

ふと母が言った一言が

とても考えさせられるものだったので書こうと思う。

(同じ事を思う人もいるかもしれないが)


「皆が買いあさるために、本当に物資が必要な人たちに行き渡らない」


毎日のように原発の話をされるから

国民全体の不安が日々,あおられてしまう。

だから、買いだめに走る気持ちはわかるし、

実際私自身もその波に乗ってしまった。


でも。

気持ちは理解できても、被災者を思うと決して良いことではないのだ。


宮城やその周辺の地方の人たちは

買いだめをすることさえ出来ないまま、被災者となり

家などの財産を一瞬にして奪われてしまい、

外部からの必要物資に頼らざるを得ない状況にあり、

それも十分に行き渡らず、渡ったとしても

いつ底をつきるかわからないところまで追い詰められているのだ。


「自分は、自分たちは!」

って言って買いだめするのは所詮、身勝手な行動に過ぎない。

買いだめすることよりも、

自分たちも被災者になったつもりで生活するべきなのかもしれない。というか、本来そうすべきなのだ。

寒さをしのげる場所があるだけで贅沢なのだ。


お腹一杯食べるのではなく、

腹八分目か、それ以下にした方がいい。


地震が落ち着いても

必ず、買いだめしたことの『反動』は返ってくるのだから。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-10-27 00:31 | 独り言。