お好み焼き。

2011年3月5日(土)

d0058606_2111758.jpg
d0058606_2113924.jpg



お好み焼き。

いつも食べる時は週末,家で食べていた。

外食での「お好み焼き」は

数年ぶりである。


地元の方にある,

駅ビルに『ぱすた館』という,お好み焼きともんじゃ焼きの

お店があります。


なぜ、お好み焼きなのに「ぱすた」と店名につくのか

とても疑問なのだが

それはさておき。


お好み焼きの店に

中々行く機会がないせいなのか

「お好み焼きは店員の方に焼いてもらう」ということを知りませんでした。


両親と共にお店に行くと

開店から間もないからか、

店長とキッチン一人(?)という厳しい人数で

お店を回していて

ホールを一人というのが

なんとも大変そうだった。


ピーク時でないことはいいよな。


お店側の都合だからといって

遠慮なく呼びつけたりするのは、なんだか

悪い気がする。


ましてや、焼いてもらうなど…

結論から言うと

結局,ジャングルポケットの斉藤さんのような

店長さんに焼いてもらった。


申し訳ない…。


お好み焼きを焼くのに

鍋蓋みたいなのを使うのは面白いと思ったのだが

常識なのかな?


めっちゃ美味しかった!!

一人前が一口で食べてないのに

一口で食べたかのように

早く食べ終わってしまう…というくらい美味しい。


ちなみに何故、お好み焼きを

食べに行ったかと言うと

連続テレビ小説『てっぱん』の

「尾道風・お好み焼き」を食べたかったからです☆


是非是非。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-11-07 00:00 | 独り言。