何が第一?

2011年6月2日(木)


震災復旧のめどが立たない今。

内閣不信任案が話題となった。

かつての民主代表を始めとする政治家たちは

なんとしてでも、

現・総理を引き摺り下ろそうとしていた。


被災地の人たちはもちろんのこと、

多くの国民は思ったことだろう。


今、そんなことしている場合か??

…と。


確かに現・政権は力不足で,対応が良いかどうかと

聞かれれば、良いとは言えないだろう。

弁護するわけではないが、

東日本大震災に,原発事故というのは

かつて日本で前例のない事態であり、

完璧な対応…というのは

期待すべきではない。


「国民の生活が第一」と、

民主がスローガンにあげている以上、

それに徹するのが今、何よりも優先するのが「国の役割」というものだろう。

現・総理おろしでも,内輪もめでもない。


政治に詳しくない立場で言うべきかはわからないけれど、

なぜ、協力し合えないのだろうか。

文句ばかり言って、言いたいことだけ言って…


果たして、その文句を言うばかりの人たちの中に新しく,総理になれる器がいるのだろうか。


互いに足りない部分を補うべきではないのか。

国民が…国が一つにならなければならないときだという

民主の幹事長の言葉どおり、

政党どうし、力をあわせるべきだろう。


今、心を一つにならずして,いつするというのか。

このタイミングで総理を変えて何になるというのか??


本当に、被災地復興に全力を尽くしているのかどうか、

疑わしいと思われてもおかしくない。


お互いに悪口言っていないで

もっと国民の声に耳をすませるべきだろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-12-13 21:17 | 独り言。