rainy days

2011年7月20日(水)

d0058606_182733.jpg



以前、書いたことあるかもしれないけれど。



今、台風6号と7号の「合体台風」が

日本列島を直撃している。

夏は台風の速度が遅く、ゆっくり横断中。

自分の力では進まず、

自然の力で押され続けて

移動するということは今まで全然知らなかった。


最終的にはどこかの空で

台風は消滅してしまう,

はかない命?

台風に限ったことではないが

雨というのは

気分屋で、断続的な雨でも

弱まったり、いきなり強まったりする。

こういうのを観ていると

自然にも感情があるのではないかと思うわけです。


"マイティ・ソー”のような

神が、本当にいるのかもなぁと信じたくなる。




雨はいろんな意味で好きです。


雨はカーテンのように目の前を

透明なカーテンで覆う。

それはとても規則的に,また細かな雨粒たちによって

彩られるのだけど

それがなんとも言えない美しさ。

大雨であればあるほど綺麗になります。


地面にたたきつけられる様も

綺麗。

雨粒は地面に落ちた瞬間,

小さな円を描き,

細かい粒が散る。

そして水溜りには何重もの円を作る。

まるで水溜りがキャンバスかのようである。


雨の香り。


なんとなく感じる。

その香りは無臭に近いけれど

とても澄んだ香り。

意識しないと自分はわからないのだが

雨の日、ちょっと癒されたいなぁと思ったら

鼻を敏感にしてみるといいかもしれない。


そして。


窓から眺めるのも音が楽しめていいのだが

あえて外に出るのもいい。

もちろん、傘を持って、万全の備えをして。

傘をさして その上に

雨が降る。

傘のビニール部分、布部分に

雨が落ちる,その音が ただ眺める時に聞こえる音とは違う。

気のせいかわからないけれど

ビニールか布かで音が にわかに違う気がする。

雨と傘とで一つの楽器となる。


今は、放射能があるから

傘なしというのは避けなければと思うのだが

わりと濡れるも好きだったりする。

…冬はつらいけどね。


ただ、傘をさして出来る限り

外にいたいときもある。

何もせず、ただ立ってボーっとする。

出来るだけ、傘を通して聞こえてくる雨音を

聞いていたい。


まぁ、勝手にやってろよって話ですが

やっぱり猛暑でかんかん照りが続いたら

たまには雨が必要だよね。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-12-31 18:25 | 独り言。