ローレライ

d0058606_1372450.jpg
 友人に薦められて 春頃、見に行った。 薦められた映画は極力 見に行くあるいは見るようにしているというのもあるが、見る前からこの映画はすごい映画だろうと思っていたからというのも1つの理由である。  
そして この映画には様々なジャンルの役者さんや, 中にはアーティストの方々が出演している。 私は最初、「ローレライ」を知ったばかりの頃は 役所 公司さんと妻夫木 聡さんの2人しか知らなかった。 他の出演陣には、「踊る大捜査線」シリーズでおなじみであり、今年の8月
下旬には「容疑者 室井慎次」を控えている, 柳葉 敏郎さん、現在公開中の「フライ,ダディ,フライ」堤 真一さん、伊武 雅刀さん、上川 隆也さんがいる。 ヒロインを演じた香椎 由宇さんは年齢より大人っぽいし、船上で歌を歌うシーンがとても印象的。

原作者の福井 晴敏さんは今年の6月に公開された「戦国自衛隊1549」の原作も手がけているとのことです。 「戦国自衛隊1549」は見に行っていないのだが、「ローレライ」も「戦国自衛隊1549」もかなりスケールの大きい映画だと思う。 
この映画の舞台は今から50年以上前の第2次世界大戦, 末期の日本であり 海でのシーンが主である。 戦艦は海上と海中とを行き来できる潜水艦、大迫力で、しかも強力なのだ。 戦争ものならではの緊迫感はすごかった。
 役者さん一人一人の演技は とても熱意がこめられているのが 伝わってくる。 そして斬新。伊武さんの演技はとても個性的であり、声がとてもダンディであり,渋くもある。 
 主題歌やメインテーマ、ヒロインの歌う歌などといった私は好きだ。 そして 最後には感動が待っている。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-31 16:30 | 映画タイトル ら行