映画の製作費。

この前、夜の番組で

ハリウッド映画の製作費ランキングなるものが特集されていた。


正直最初は、興味なかったのですが

「何故、製作費がかかったか」に焦点が当てられているということで観た。

それはつまり、映画の裏側を知ること。


映画はシリーズになると

続編が出来るたびに製作費はあがっていく。

CGを駆使した映画も

新しい技術が開発されるたびに

費用もかかる。

しかし、驚きなのはトップ10に

未だに『タイタニック』がランクインしていること。


個人的予想だと

ジェリー・ブラッカイマーやマイケル・ベイ監督が携わったものは

かなり高額ではないかと思った。


しかし、観てみると意外な理由もあった。


その一つが

『スーパーマン リターンズ』である。

これは意外にも上位。

映像技術的な理由もあったが

それよりも,相次ぐ監督・主演俳優の変更。

当初、ティム・バートン監督とニコラス・ケイジのタッグが

組まれていたらしい。

バートン監督がスーパーマンにケイジを抜擢したそうだが

『ゴーストライダー』で空振りだった彼に

ヒーローものというのは…と思うし、

だいたい このタイプのヒーローものをやるには歳がねって感じだし。

結果、『X-MEN』の監督に新人俳優というコンビという

結論でホッとした。


二人分の違約金だけでかなりの額になったらしい。

ケイジは実力派だけど

やっぱり俳優さんにはジャンルによって合う合わないあるからね。

彼の場合はサスペンスやミステリー、ヒューマン系が

個人的には合うのではないかと思う。

アクションをやるなら現代モノで刑事モノがあってるかと。

もしくは戦争モノ。


シリーズ映画では

第一作目がヒットすると

その当時 無名やそれに近かった俳優さんが

名が売れて その後の続編で彼らに支払われるお金も

かなり はねがあがる。


ハリポタでデビューを果たした,エマちゃんやルパートくんがそうで

若くして かなりの稼ぎ。

プロゴルファーなみ…いや、それ以上か?


あとは試写で反応が悪く、追加撮影されたケースや

リアルにこだわったなど色々あった。


ちなみに第一位は

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』。

製作費の四分の一が

メインキャストへの出演料というから驚きである。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-08-30 06:20 | 独り言。