This is スパルタ!!

よく出先でいろんな人を見かける。

そんな中で

時々,あの『300』の名シーンを思い出す。

スパルタの王のもとへ

遣わされた敵国の遣いを

深い穴の底へ突き落す,"This is,Spalta!!"の場面である。

片足で蹴落とすスパルタ王。

カリスマ性を感じました。


そんな映画の名シーンのように

蹴落としたくなるような人を見かけることがあるのです。


今日もそんな光景が。

仕方がないと言えば仕方がないのですが…


電車の中でイスとドアの間くらいにある縦列の吊皮で

遊ぶ男子中学生。

椅子に座ろうと通ろうとしている老婦人の

あきらかに邪魔になっていた。

彼らの後ろにいた人に声かけてその老婦人は

なんとか通ることはできたけど

言われないと気付かないってのもねぇ…。


思ったのは 中高生くらいの年ごろって

あまりまだ気を使えないというか、

気づけないのかなぁということ。

自分もそのくらいのときのことを思うと人のことを言えるかわからないけど。

みんながみんな、そうというわけではないと思うが

そのあともぶら下がったりして

遊んでいるところ見て思った。


ケツに思い切り,蹴りを入れたいと。

スパルタ王のように,

あるいはドラマで見るヤンキーの兄ちゃんのように。


実際、そんなことは中々できないけど。


結末としては

終始通路をふさいでいた男子中学生は

下車しようとしていたオジイサンさんに

手でのけられていた。

オジイサンの無言での「邪魔!」という一喝でした。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-09-17 18:51 | 独り言。