氷の音色。

秋になり、まだ残暑が続くけれど

ほっとする…というか、涼しく感じる瞬間があります。

それは早朝と夜にだけ聞くことのできる,あの音色です。


鈴虫やコオロギ。


これは秋の季語ですね。

もしくは“秋の音”。


それに対して

夏の音といえば??

…と、考えると一番に思い浮かべるのは

打ち上げ花火。

しかし、もう一つ発見しました☆

それは…


氷の音。


具体的に何かというと

グラスに入った氷がグラスの中で動く音です。


氷の入った,冷えた飲料を飲むのも

もちろんいいのですが、

音を聴くだけで涼しくなりませんか。


コーヒーを飲む時に

ミルクやガムシロップを混ぜるときにも聴けますね。


この間

美容院でカラーをしてもらうとき、

もう一人のお客さんの下へ

お茶が運ばれる時に

あの,“カランカラン”という氷の音色が聞こえてきて

心地よかったです。


季語として例があげられているもの以外にも

身近に季節を感じるものや、

季節を表す音ってたくさんあるものなんですね。


そういうものを探してみるのも

きっと楽しいはず♪
[PR]

by jd69sparrow | 2011-09-18 14:25 | 独り言。