忘れない。

台風がいまだに日本列島付近にいて

それ以前に既に上陸した台風により、

農家や一部の地域に多大なダメージをあたえている。


夏をふりかえっても

暑いと思ったら、涼しくなり

また、猛暑…と,異常な天気が続いた。


やっと昨日の夜から涼しくなって

今朝は半そでで肌寒いくらいだった。

このまま涼しいままでいればいいのだが…。


震災から半年以上たった。

今年の夏は電力不足という危機がすぐそこにあり

大きな不安に駆られた。


しかし、危機的状況に陥ることなく

夏を乗り越えることができた。

・・・とは、言ってもまだ完全に安心はできないが。

それでも この暑く、そして長い夏を

乗り越えてこられたのは

日本が一丸となって

節電につとめたからからである。


一体感を感じます。


一つ疑問なのは

今度は冬。

冬も冬で暖房を多く使うのだから

節電が必要になるはずである。


年に二回の節電シーズン。


一年の半分を節電に努めるのが

当分の私たち日本人の義務となることだろう。


だけど、節電することを

震災、原発事故を決して忘れてはいけない。

それにまだ大きな地震が年内や近いうちにこないとも

言いきれないのである。


気が緩み始めた時こそ

危険なのだ。

そして、暑さが遠のいても

節電は日本人のみならず、

人類全体の生涯の課題だと思う。


明るすぎても

音で溢れすぎても

自分たちにも地球にも必ず悪影響が及ぶのだ。


一つの”いざというとき”が訪れ、

ここまでやってこれたのだから

これからも継続していかなければならない。


二度と同じ悲劇を繰り返さないためにも。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-09-20 23:39 | 独り言。