北。

国が国民全体から認められること!

とても難しいことだ。

国の理想の姿は 国民の生活を守ること。

してはならないのが,政府主体な国の運営や国民を見下すことだ。

悲しいことに今の日本でも少なからず見られる現状だ。


これが最も極端なのは

“北”という国だ。


あまりに孤独で悲しい場所。

これほどまでに国民を無視した国はそうはないだろう。


独裁政権。

いつになったら マシな人物が

一族の中から出てくるのだろうか。

彼らが何ならかのカタチで途絶えない限りは

やはり難しいのか。


相手が自分・自分たちと違うのは

当たり前なことで

割り切るべきだと承知していても

やはり 自分の中の物差しで彼らを考えずにはいられない。


国のトップばかりが

その体一つで彼らだけが

裕福すぎる生活を体現している。


オマケに愛想のカケラもない。


絶対神だなんて思いたくない。

でも、思わざるを得ない,

国民や支持する人たちは あまりに苦痛だろう。

トップが怖くて支持するほか

生活を維持出来ない 残酷な現状。


食糧難に見舞われているにも関わらず、

権力を見せ付けることにしか

力を入れない,あの一家。

大規模な建築物を作る予算、

軍隊に使う費用を何故、国民のために使えないのか。

日本であれば、支持率ゼロ。

圧力で支持をえようなどは もってのほか。


国民からそのお金をむしりとっているのではないのか。

そして、国民の生活を守るのが

国のトップとしてのあり方ではないのか。


いずれ国が崩壊するのではないかと

不安に思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-10-12 06:48 | 独り言。