文句は言わない。

不平・不満、文句。

ストレスの多い世の中だからこそ

これを切り離すことは難しい。


どんなに成功していても

賞賛と批評は必ずあると言っても過言ではない。


しかし、近頃思うのです。

いや、もっと早くわかっていたはずなのですが。


文句を言ったところで

何も解決しないのだと。


直接その対象に言うのならまだしも…。

けれども、クレームを言うよりも

自分が動くことが やっぱり一番の解決なのだと思います。


こんな政治家嫌だって

言うくらいなら

自分が目指して解決に努めればいいのです。

…大げさに聞こえるかもしれないが

他人任せじゃ、何にも変わらない。

嫌だと言っても

行動にでないのなら 認めているのと同じ。

だから、文句なんて言う筋合いはない。


変わるのを待つよりも、変えること。


・・・もしくは変えられるように努力する。

受身であることにも問題があるのです。


文句や悪口。

ストレスがたまり、言いたくもなります。

でも 出来れば言わないですむようにしたいもの。


言わないようにするのは 簡単なことではない。

だからと言って投げ出してもいけない。


第三者…聞かされる方だって

良い気持ちにはなれないと思う。

誰か・何かの文句を言うことは

第三者を自分の不満のまきぞいにするだけでなく

嫌な気持ちも分け与えることになるのだ。


…信頼している相手からの話だから

迷惑だとかやめてくれとは中々言い出せない。


それでも話さずにはいられないって

思うかもしれません。

だけど関係ない人を巻き込むよりも

やっぱり直接ぶつかることが大切なのだと思います。

他人に誰かへの不満をぶちまけたところで

その誰かがわからなければ

不満が消えることはない。


いくら不満な相手でも

間接的に知らされることになったら

エンドレスに揉め事は続きます。

時に相手を理解し,割り切ることも必要なのだから。


文句を言ってばかりいたら

どんどん自分の価値をさげしまう。

誰も文句や悪口の多い人を好きにはなれません。


だから、自分も出来る限り不満を言ったり

誰かがしてくれたことに対して

文句をつけないよう頑張りたいと思う。


じゃあ、モヤモヤをどうすればいいのか。

まずは相手に迷惑や負担かけたり、嫌な気持ちにさせない解決法を考える。


個人的には 

相手の反応を恐れずにストレートに言います。

柔らかく言うことも良い事だとは思いますが、

結局自分を押し殺すこととなり、

後味が悪い気がします。

つまり、不満が消化不良で 残るということ。


あるいは。

歌を歌うことで嫌なことへの思いを吹き飛ばす。

好きなこと、楽しいことをすれば 人間忘れるものです。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-10-25 16:49 | 独り言。