病は気から。

人はある年代までくると

病への抵抗力が低下しはじめたり

機能が弱まってくる。


すると 何か一度いつもと違う症状に見舞われたりすると

かなりの不安に襲われる。


歳をとるにつれ

病院・処方箋のお世話になり,続くケースが多いのは確か。


でも元気な人は元気。

あの大女優のように。 

つい最近まで“でんぐり返り”が出来たあの人。


他にも走り続ける人は少なくない。


何かに打ちこむことを続けていると

やっぱり健康や長生きにも直結するんですね。

自分もそういった方々を改めて見習わなければと思います。


一度病気とか、体調崩したりすると

どうしてもネガティブになりがちで

処方箋がないとダメなのでは?…と、

薬に頼ってしまいます。

お医者さんもそれをすすめます。


でも、未来は誰にもわかりません。


”病は気から”と言うように

そういったネガティブシンキングが

医者へ通う習慣へとつながっているのではないかと思うのです。

だから、ホントは健康になれるのに

意図せず、その道を絶ってしまっているかもしれません。


きっと自分自身に身にかかった時ではないと

真に理解することは出来ないのでしょうが、

自身の精神力が試されるとき。

ここでどう気持ちを持つかで

“長生き、元気”になるかどうかが決まるのでしょう。


人生の目標は 何事もポジティブに考えること☆
[PR]

by jd69sparrow | 2011-10-29 18:50 | 独り言。