農業。

よくニュースで飛び交う言葉。

その一つにあげられるのが、

「TPP」。

正直よくわからない。



ただ一つわかるのは

野菜農家に打撃をあたえてしまうことだ。



時代が進むと

科学的なテクノロジーに魅了され、

機械的な生産性に こだわる傾向にあると私は思う。



果たして それでいいのだろうか。



私たちが手にする商品のタグを見ると

どれだけのメイドイン・ジャパンがあるだろうか。

海外の工場で作られているのが ほとんどな気がする。



機械的な社会でいいのか。



資源も少ない日本は 海外からの輸入に頼らざるを得ない。

100パーセントとは言わないが。



スーパーの野菜コーナーに行くと

そのほとんどが国内産。

消費者は 海外よりも国内産にこだわる傾向があるし、

毎日食べる野菜は やはり 新鮮なものがいい。

新鮮さにこだわる日本人は

遠く離れた外国よりも “日本国内”を好む。



なのに何故、TPP??



農家が人手不足な厳しい現状にあるのに

それに拍車をかけるようなことがあっていいいのか。



国は 気にしている“ふう”ではあるが

それ以上に外の目を気にしている。

人の目ばかり 気にしていないで 自分らしさを強く持つべきではないのか。



海の向こうの地からの言葉を聞き、

どれだけのものを失ってきたのか。 というか、どれだけ犠牲にすれば気が済むのだ?

広い世界で生き抜くために 他国の意見に耳を傾けることも必要だが

聞きすぎるのも いかがなものか。


農業を知らない私が言うのもなんだが、

野菜を作るということは 天候に左右され、大変なことは事実だ。

だけど、自国で野菜を作れるという財産は

大事にすべきだと思う。


無理に他国の真似事をするのではなく

日本ならではに こだわるべきであり、

日本らしさを持ち続けるべきだ。


残すべきものは、日本がある限り 永続的に残していかなければならない。


ここは どこなんだ?

と、疑問に思うことがある。


はっきり言ってTPPはもっと慎重に考えるべきだと思う


工業的な経済成長も必要かもしれないが、

農業と工業とが同等になるように

別の道を探す方がいいのではないか。


若い世代が農業という ワークフィールドで働きやすい世の中を。

就職率が年々落ち込んでいる今だからこそ、

ここに重点を置くことを考えた方がいいのでは。
[PR]

by jd69sparrow | 2012-12-02 22:04 | 独り言。