ブラック・ジャック 劇場版

d0058606_2038121.jpg
 ビデオの整理をしていたら、なんと「ブラックジャック」の劇場版の放送を録画したものを見つけた。 年末に公開される映画より前に映画化されていたことを初めて知ったのである。 私が「ブラックジャック」に興味を持ち始めたのは 現在放送されているテレビアニメ版が始まる少し前に放送されていたスペシャル版以来だった。 手塚治虫さんの作品は数多くありますが 「鉄腕アトム」が新しく放送されたものを見て以来 興味を持ったのは2作品目である。 いずれにしても手塚さんが手がけた作品は素晴らしい、これを気に手塚治虫作品を見てみたいと思った。「ジャングル大帝レオ」や「リボンの騎士」など。
 以前に放送されたスペシャル版で「ブラックジャック」にはまった私は毎回かかさずテレビ放送を拝見しているくらいだ(原作本も読んでみたいと思う)。 不可能とされる病気の手術を見事に成功させるブラック・ジャックに興味をそそられたのである。 彼のキャラクター性や真意を知り、ますますひかれた(と言ってもそれはほんの一部に過ぎないのかもしれないが)。 「ブラック・ジャック」はアニメやコミックだけではなく、何年か前に実写化されたこともあった、ブラック・ジャックを演じたのは“ギャツビー”や“伊右衛門”のCMでお馴染みの個性派・俳優 本木雅弘さん。まさにぴったしだと言えよう。 一度その実写版も見てみたい。
 この「ブラック・ジャック 劇場版」は十年近く前に公開されたものらしい。 この映画が公開されたこと、最初にコミックが出ていた頃を考えると 「ブラック・ジャック」がかなりの人気があることがわかる。
 とても迫力があり、いつもよりシリアスなストーリー展開となっている。 絵のタッチもだいぶ雰囲気が違うがやはり 「ブラック・ジャック」はおもしろい! 謎の組織にまきこまれ、超人類と呼ばれる人々の謎を解き明かしていくという内容。 人物から体の中にある臓器の数々まで繊細かつリアルに描かれている。 
 ブラック・ジャックが患者の病気を治すために全力を出す様やその熱い想いはすごいと思った。手術シーンは特に手に汗握る。 テレビアニメ版と共におすすめの映画です !!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-24 00:31 | 映画タイトル は行