ラストアクションヒーロー

d0058606_21195218.jpg
 シュワちゃん主演の映画の映画のどれもがおもしろい。アクションものが多いシュワちゃんだが、たまにコメディに主演していたりして、目が離せない役者さんだと私は思う。 そんなシュワちゃんの主演作品の中で「ターミネーター2 」の次にテレビ放送が多いのが、以前に紹介した,「トゥルーライズ 」、そして今回この場で紹介する「ラストアクションヒーロー 」ではないだろうか。 
 「とても夢のつまった映画」というのが、この映画の第一印象だった。 というのは主人公のうちの一人である少年ダニーが憧れのヒーローの住む世界に飛び込んで、映画ならではのスリルを味わいながら冒険をするという内容だからだ。 幼い頃、「もしも お話の世界に入れたら...」、あるいは「自分が物語の主人公になれたら...」とよく願ったものである。 この映画の主人公の一人,ダニーもそんな想いを心に秘めた少年で、そんな子供ならではの純粋さがあったからこそ その想いが天に通じたのであろう。 そこに“夢”というものがあると私は推測する。
 この映画の中にはこの映画ならではの仕掛けがある。それは他ではないこと、つまり他の映画の人気キャラクターが登場するのだ。 しかも思いにもよらない、意外なキャラクターである。
もう一つ、あげるならば 映画の世界と現実世界との行き来。 そして 主演する役者さん本人が製作総指揮をつとめるという点(私がこのケースを知らないだけかもわからないが)。 そう、この映画では主演であるシュワちゃんがその製作総指揮をとっているのだ。 監督と主演をつとめる役者さんのケースがあるのは耳にしていたが、製作側に役者さん本人が携わるというのは初めて知った。
 映画館の館主ニックは隅におけない登場人物だ。 この物語の鍵をにぎる人物である,ニックはとても可愛い。 そしてダニー少年に希望をあたえる人物の一人でもあるからである。
 単純明快なストーリー展開が、何度見ても,観るモノを楽しませてくれる。 シュワちゃんの例の決めセリフをお見逃しなく!
 
[PR]

by jd69sparrow | 2005-10-08 00:38 | 映画タイトル ら行