スピード

d0058606_2117135.jpg 
 私がキアヌ・リーヴス(「マトリックス」シリーズ、「コンスタンティン」など)に興味を持ち始めた頃、さらに興味(キアヌに対して)を抱いたきっかけとなったのがこの映画だある。 キアヌといえば出る映画ごとに、与えられた役のためにどんなに変わったヘアースタイルであろうと変えてしまうとか。(これで結論づけるのはなんだが)それだけ役にのめりこめるということであり、役者として(役者としてでないにしても)尊敬すべきある! 私は個人的にこの,「スピード」のときのボーズに近い短髪こそキアヌに一番あっていると思うのだ(バンド活動のため、続編に出演していないのが残念。泣。)。
 この映画では、「デンジャラス・ビューティー」シリーズのサンドラ・ブロックや「ランド・オブ・ザ・デッド」のデニス・ホッパーが共演している。もうこの映画が公開された年から10年くらいはたつかもしれない。 
 ノン・ストップ パニックアクションというジャンルになるだろう。爆弾魔と、主人公でSWAT隊員のジャック,爆弾を仕掛けられたバスで偶然 (主人公が)出会った女性アニー,そのバスの乗客達およそ12人のとの壮絶な戦いの幕がきって落とされる。
 私は映画の中の緊迫したシーンで流れる,メインテーマ的音楽が心に残っている(もちろん映画全体をふくめて)。 ジャックが異常な状況下であったアニーと(事件に巻き込まれた)バスの乗客達のために試行錯誤しながらどんどん謎を解き、守ろうとする様子がとてもかっこよく、たくましかった(街を走り抜けていくところとか)。こなしていくアクションもかっこいいし、ルックスも良いけど 筋肉のついた,軽く 人一人持ち上げられそうな腕がまたかっこいい。 
 良い意味で忘れられないのがジャックとアニーが抱き合うシーンであり、特に最後の最後のシーンだ。 犯人に追い詰められながらも必死で闘う(ジャック達が)シーンが見所。
 キアヌには「スピード」のような,モダンかつリアルなアクションものに再び出演して欲しいものである。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-10-11 01:09 | 映画タイトル さ行