踊る大捜査線 THE MOVIE

d0058606_2115155.jpg
 「踊る~」シリーズや、「サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS」、「スペーストラベラーズ」の本広 克行監督がメガホンをとった映画。彼は映画だけでなく ドラマの世界でも活躍している(私の記憶が正しければ、反町 隆史主演の「ラブコンプレックス」など)。 「踊る~」映画シリーズ第一弾となるのがこの「踊る大捜査線 THE MOVIE」だ。 この他の映画シリーズ(“ODORU LEGEND”)といえば 2,3年前に公開された「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」、今年公開された真下 正義が主人公の「交渉人 真下正義 NEGOTIATOR●MASHITA MASAYOSHI」、最近では 室井慎次が主人公の「容疑者 室井慎次 THE SUSPECT●MUROI SHINJI」がある。 主演は昨年放送したドラマ「ラストクリスマス」の織田 裕二さん,共演は「スローダンス」の深津 絵里さん、今年公開された映画「ローレライ」の“ギバちゃん”こと柳葉 敏郎さん、クイズ番組「平成教育予備校」やバラエティ番組「ぷっすま」のユースケ・サンタマリアさん、今年公開された「シャークテイル」(日本語吹き替え版)の水野 美紀さん、ドラマ「Dr.コトー診療所」やノアのコマーシャルでお馴染みの筧 利夫さんなどがいる。 そしてなんと、警視庁や警察庁といった警察の上の人たちの中には、ディズニー映画「ライオンキング」に声で出演した、大和田 伸也さんや映画の吹き替えでよく出演されている津嘉山 正種さん(津嘉山さんは多くのドラマに出演されている...残念ながら出演しているのに気づくのはエンディングロール)が出演している。
 現場の刑事と警視庁・警察庁の対立を描いている点を見ると、現代社会の企業などの状況をリアルに再現しているよう。 下の社員と上の幹部の人たちの関係は詳しくは わからないが、私が知る社会の仕組みがよく見える。青島と室井さんの交わした約束を語るシーンは心に残る、企業や政界にもあるべきことだと思うところである。 だから青島の名セリフ「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」は何度聞いても素晴らしい。
 笑いやオチがこれがまた おもしろい! 主要人物だけだなく、役名がつけられていない人々にいたるまで おもしろさがある。
  
[PR]

by jd69sparrow | 2005-10-16 01:38 | 映画タイトル あ行