恋に落ちたシェイクスピア

d0058606_1135930.jpg 
 “SHAKESPEARE IN LOVE”、98年に公開されたアカデミー賞受賞作品。 ラブストーリーにおいて この映画なくしては語れないと言っても良いのではないだろうか。 この作品を見るきっかけというものはただ単純に有名作品だからという理由だった。 当然、内容も出演されている役者さん方すらほとんど知らなかったのだ。 “箱を開けてみると光輝く宝石が...”というような感覚になったのだった。 おもしろさ・素晴らしい役者の方々。 シェークスピアにジョセフ・ファインズ、ヒロイン・ヴィオラをグウィネス・パトロウ(「スカイ・キャプテン」)、“ローズ座”の支配人をジェフリー・ラッシュ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」)、ローズ座で芝居をする一座のリーダーをベン・アフレック(「アルマゲドン」)、ヒロインに求婚する,シェークスピアの恋敵・ウェセックス卿をコリン・ファースという豪華役者陣である。 主人公とヒロインの二人は始めの方でわかった。 次々と,ジェフリーをはじめとする役者の方々の登場には驚かされるばかり。 「この人が出ていたんだ!」という次々と見つけていくのは驚きというより むしろ喜びと言ったほうが正しいだろう。 現代劇のイメージが強かったベンが出演していたことには特に驚かされた。 考えてみれば 同じ年にあのSF感動作「アルマゲドン」の前後のどちらかに公開されたのだ。
 内容はシェークスピア作品の一つ,「ロミオとジュリエット」ができるまでの過程が原作になぞらえられた映画なのだ。 つまりは“身分ちがいの恋物語。 イギリス文学というのはあまり今まで触れたことはなかったが,今ちょうど「高慢と偏見」をきっかけに興味がもてるようになりました。フランスを舞台にした話と比較すると、一見 特に違いがあるようには見えないが 何か感じるものが違うようなのだ。  
 シェイクスピアが恋人に捧げる言葉一つ一つがロマンティックで“甘~~いっ!” この映画の中で(脇役も含め)どれか一つ選ぶというのは中々選ぶのはかなり難しい。「1000のさような
ら」は悲しいし、「わからないが謎だ」という支配人フィリップ(ジェフリー)の言葉が今でもこの心に残っている。
 コリン・ファースといえばイギリス映画の出演が目立つようである。彼の出演作では「ブリジット・ジョーンズの日記」やドラマ「高慢と偏見」(ジェイン・オースティン原作)の“マーク・ダーシー”
がお気に入りだ。 冷めているようで、実は愛する女性に対しとても心優しいという素敵な紳士の役が印象深い。 そんな彼が今度は主人公の恋敵を演じるというのはいかがなものかと思い眺めていると 高慢な人柄の貴族だとまず言える、そして敵にはしたくないと思わせるような役所であるが やはり紳士としての良さには惹かれる。 貴族のいでたちがなんと似合うことか。 
 コリンの役を見てわかるように衣装がとても素晴らしい。 特に綺麗だと思ったのは英国女王陛下やヴィオラの着るドレス、ポイントは首のあたりある羽のようなかざり、お互いの身分にあわせているのかその部分は違う。
 ジェフリーは実に見事な俳優である。 まさかこのような役所で主演しているとは。しかし、その演技は力のあるベテランの役者さんなのだ。 「パイレーツ~」で連想できるように彼の演じる役は実におもしろい。 あるときはブラックセンスのあり、またある時はこの映画のように気楽な男の役であったりする。 フィリップは陽気でシェイクスピアに一目置いてる人で、とても愛らしいみなから好かれる役なのだ。
 “ロミオとジュリエット”完成の瞬間は感動、この時代設定が16世紀の女性が舞台にあがること、舞台じたいが認めらていなかったからである。 なぜ全てを男性が演じなければならなかったというのは謎であるが、私の頭の中には“男性版 宝塚”というのがあった。 イギリス文学の上でとても有名なシェイクスピアゆかりの劇場,ローズ座、そしてカーテン座。 現在の劇場とは違う作りをしているが 今でもこのような形式の劇場は実在するのだろうか? もしこのような劇場があるのならば見に行きたいものだ。 映画の世界で見れる16世紀における舞台に興味がそそる。 この映画のポイントは予期できぬストーリー展開、主人公とヒロインのとてもロマンティックな恋である。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-11-06 03:47 | 映画タイトル か行