レッド・ブロンクス

d0058606_1757367.jpg
 ジャッキーが中国を飛び出し、ニューヨークにやって来た!今度は真剣アクションもの、しかしもちろんコミカルな演技を忘れないのが嬉しい。筋肉もりもりなジャッキーが過激で大胆なアクションに挑む。
おじを訪ねに香港からアメリカへ海を渡ってきたクーン(ジャッキー・チェン)はまたもや次々と事件や騒動に巻き込まれ、一人立ち向かっていく、大切な人たちや大切なものを守るために。
どんなものもそこにあればジャッキーは武器に変え,するりするりと攻撃をかわしていく。当時からというか以前からずっと変わらないカンフーの強さとスタントをこなすさまは今でも同じでいる。十年前も十年たった今も。 この頃からお茶目な演技がすでに目立って光っていたのだ。
クーンが事件に巻き込まれる中,ヒロイン・イレインもまた巻き込まれていき,災難が幾度となくふりかっていく。イレインの吹替えを戸田恵子さんが担当し,偶然にもイレインを演じるアニタ・ムイに気のせいかそっくりだ。ころあいをはかり,私達に笑いを呼ぶこともちらほら。
「レッド・ブロンクス」でかつてないほどの窮地に立たされる役をジャッキーは演じている。クーンのその後の快進撃が見所。あともう一つ,イレインとの最初のシーンもとても愉快である。それこそジャッキー映画の鉄則だ。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-01 12:29 | 映画タイトル ら行