デンジャラスビューティー2

d0058606_146186.jpg
 パワフル&セクシーなFBI捜査官グレイシー(サンドラ・ブロック)の痛快アクション(コメディ)再び! 前作ではミス・アメリカに潜入捜査をし事件を解決すると同時に誰もが認める美人に,そしてセクシーに変身を遂げアメリカで人気者となったグレイシーが 新たな事件の捜査に,新しいパートナーのフラー(レジーナ・キング)とコンビを組みもぐりこむ。
 今回のポイント。 それは第一にグレイシーのとさか、第二に(グレイシーの)変装、第三にジョエル(ディードリッヒ・ベイダー),もちろんお約束のグレイシーの鼻の音(これは外せない!)である。
 いまいち気の合わないグレイシーとフラーの,パートナーとしての絆や友情が芽生えていくドラマな部分とリオのカーニバルの衣装さながらのかっこうのグレイシーたちが事件の犯人逮捕に迫り,走り回っていったり芝居をしたりなどコメディと紙一重なところもある。 グレイシーとフラーのどんな敵も ものともしないセクシーな鉄拳と二人のコンビネーションはとても痛快である。
 今度グレイシーに魔法をかけるのはFBIに通じる人物,ジョエル。おかまキャラで時にジョークをとばしたりユーモアでにぎやか それでもって決してバカじゃない,グレイシーたちにとって頼もしい人物だ。 おかまキャラというのはやはりおもしろいのである(いつも疑問に思うのはなぜファッションなでおに関わる男性にはこういったキャラクターが目立つのかということ)。
 最後もドラマのような締めくくりとなっていて主人公が事件と関わり,パートナーと出会ったことで大事なことに気づくという穏やかで温かい流れの中で幕を閉じるというところが後味のよいものにしている。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-05-01 02:12 | 映画タイトル た行