S.W.A.T.

d0058606_11355181.jpg
 警察の中でも大胆な任務をこなすけれどどちらかと言えば刑事(警察)たちの裏側でサポートするする裏方的存在,“S.W.A.T.”。 彼らもまた命をかけて決死の覚悟で犯人たちに立ち向かい 人々を守るのだ。 そんなS.W.A.T.の活躍をクールに映し出したのが「S.W.A.T.」である。
 サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレル、ミシェル・ロドゲリスなど,(ストーリーの)内容がクールなだけに役者陣もまたクールな役者たちが揃っている。 この三人が演じたホンドー(ジャクソン)、ストリート(ファレル)、サンチェス(ロドゲリス)は黒をベースにした制服で 六人からなる新たに編成されたS.W.A.T.チームのリーダー(ホンドー)にはサングラスといったスタイルが彼らをS.W.A.T.としての質を引き立たせる。 映画全体と今回起こる事件に対抗する警察の中心となるホンドー率いるチームには男ばかりの中に女性隊員が加わり,動くことで(チーム、映画のストーリーの)バランスをとり それはおもしろさも増すし、一人いるといないとでは大きく変わってくると思う。 
 一人の男の大胆な言動によりS.W.A.T.たちのまわりは敵だらけ。 思わぬところに敵がひそんでいるわけだ。 その男はアレックスという国際的に指名手配されている犯罪者で、「彼は自分を助けたものには多額なお金を払う」といった公に発言する。 これはいわばある意味でアレックス強奪戦。 S.W.A.T.(ホンドーが率いているチーム)を含んだニューヨーク市警VSアレックスとアレックスの発言に影響された市民の戦いがなんといっても見所!
[PR]

by jd69sparrow | 2006-05-12 12:04 | 映画タイトル さ行