エントラップメント

d0058606_23511185.jpg
 保険調査官と紳士で凄腕の怪盗がタッグを組み,二人は二人の間にルールという名の取引をした。 ジン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)とマック(ショーン・コネリー)は宝を手に入れる大仕事をやることに。 彼らのやりとりは駆け引きのようである。 敵どうしであるはずの二人がどう変わっていくのか 罠はジンとマックの間だけでなく,見ているこちらの目の前にも張られているようだ。 そしてその罠にかかってしまう。 怪盗が出てくるものやどこかしらに内容に怪盗をにおわせるものは見る者をもだます。
 怪盗モノ,あるいはそれが話にかかわるもので定番の美術品を手に入れるまでの道のりはやはり一番おもしろいところ。ジンが蜘蛛の巣のようにはりめぐらされ絡みあったセンサーをいかにセクシーに柔軟な体を駆使して標的までたどり着くかがポイント、手に汗にぎるところでもある。
 いつまどうやって障害をこえていくかというのは得によく見れるのだ。 徐々に大胆に仕事をこなしていくジン、ジンに少しずつ心を開き自分を見せていくマック。そんな二人がよきパートナーとして距離を狭めていき,大きな計画を立てて抜け足差し足と忍び足と標的へと向かっていく様子は名コンビのようだった。
 二人がそれぞれ謎を多く秘めているカンジでそこがなんだか彼らのおもしろさとその美貌を引き立てている。
 最後の最後まで期待を裏切らないストーリーである。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-05-13 00:10 | 映画タイトル あ行