ワイルドスピード×2

d0058606_051919.jpg
 あのスピード狂たちが帰ってきた! マイアミのストリートで夜,スピード狂たちが集結しド派手にストリート・レースが行われる。 主人公はもちろん前回に引き続きブライアン(,演じるのはポール・ウォーカー)、他にはテズというブライアンの頼もしい中もも再登場。 今回新しく,ストリート・レース仲間として女性ドライバー スーキーとブライアンの幼馴染みで相棒となるローマンが加わる。
 ストリート・レースをする者たちの間で今やエースでありトップに君臨し、ヒーローとしてあがめられているブライアンがひとたびストリート・レースに現れるとストリート・レーサーたちは騒然とし,緊張感が彼らの中で走り盛り上がりが増すのだ。 ブライアンの走りは天下一品!(ドライビング・)テクもお手の物。 彼の走りはまさにクールでクレイジーといえよう。
 以前刑事だったブライアンは被疑者を逃したこと 警察を裏切ったことで刑事をクビになった。「今までにしでかしたことをなかったことに,また帳消しすることを条件に警察が追っている事件の犯人逮捕の協力をして欲しい」という警察の要請を受け、相棒にローマンを選び潜入捜査をすることになった。
 最初はいがみ合っていた二人だが徐々に昔から培ってきた友情を取り戻し タッグでコンビネーションする連携技を復活させ力を発揮していくのである。 二人が力を発揮したとき,誰も彼らを止められない! 向かうところ敵なしという感じで味方さえも欺く、それは頭脳プレーだったり 多くの仲間たちからの信頼を得ていてこそ。 まさかまさかの展開がすごくおもしろいのだ。
 だからただ車のかっこよさやスピードを競うだけがこの映画のおもしろさではない、しかしもちろん、スピード感がびんびんなのもよし、彼ら(主人公たちをはじめとするストリート・レースのレーサーたち)のテリトリーでの腕の見せ所や前回より大胆ななドライビング・テクニック・アクションもおもしろいし、好きな人は特に観て熱狂することだろう!! スートリーじたいも一段とおもしろく、見ごたえあるものになっており,最高だ。
 文字どおり 出てくる車一つ一つが“ワイルド”“スピード”でマイアミで駆け抜ける。 びっくりもあるしなんとなく笑えるところもあり刑事ものでよく見られるようなシリアスなところもあるのでストーリー性にも重点が置かれている。 ブライアンとローマンの技の数々は最後まで見逃せないし,見逃してはいけないと思う。 二人は親友とも悪友とも言えそう。
 
 (どうでもいいことかもしれないが悪役でエンリケ?というブライアンと途中2ショットになるブライアンやローマンたちが追っている犯人の手下が外国人・芸人コンビの塩コショーの一人にそっくりだと思ったのは私だけだろうか。)
[PR]

by jd69sparrow | 2006-05-22 00:03 | 映画タイトル わ行