オーシャンズ11

d0058606_025524.jpg
 大胆不敵な泥棒たちがダニー・オーシャンのもとに集結した!オーシャンが集めたあらゆるジャンルのプロ10人のオーシャンの仲間たちをそれぞれ演じる役者たちが決まっていったことから、キャスティングのその過程の時点で“オーシャンズ11”を連想させた。ハリウッド映画が多いけれど、ここまで多くのしまお大物ぞろいはないであろうというほどのメンバーが集結した娯楽映画はそうそうない。
 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ…とこれだけでもかなり豪華である。過去に「オーシャンと11人の仲間たち」という作品があったけれど,監督いわくこの作品とおは別の,全く新しいストーリーの映画だそうだ。
 刑務所暮らしから開放されたオーシャン、離婚の危機にある妻テスに対しての未練を果たしたいという思いを胸に,テスの現・恋人のホテル王ベネディクト(アンディ・ガルシア)の持つラスベガスのカジノに眠る1億5千万もの大金を手に入れる計画を練り、仲間を各分野から招集し、大きな計画を実行しようと試みる。宝を手に入れるまでの過程は仲間(の目)をあざむくほど成功でどれもこれも大胆で、その技一つ一つが器用にこなされていき,その中でオーシャンとその仲間たちが各々の持つ得意ジャンルをこなしていく。今回、見る者の目として近いのはオーシャンのスカウトでメンバーになったルーキー,ライナスであろう。
 ライナスには才能があるけれどまだその道のプロとしてはまだ経験は浅く,オーシャンたちの大胆なテクニックに驚き,また、そんな彼らをライナスが見ているととらえられるからだ。
 オーシャンたちの敵はホテル王ベネディクト、彼は従業員やお得意さんたちの名前を把握し、まるで機械のような人間,さらに彼の持つ財産であり、オーシャンたちからすればターゲットのありかであるカジノはほとんど侵入不可能とされる鉄壁で守られている。 その鉄壁をどうかいくぐるかが“オーシャンズ11”の腕の見せ所,オーシャンや相方敵存在であるラスティーの頭脳明晰な二人の精巧な計画にそれを実行する“オーシャンズ11”のメンバーたちがどう敵をあざむくか見所でオーシャンやラスティーのアイディアマン組の行動力も見事なもの。
 ターゲットから目的のものであるものを華麗に奪い取り,敵をぎゃふんと言わせてしまうのもおもしろい。それに前半で刑務所から出たオーシャンが大きな計画実行のため、メンバー集めをするところもおもしろい。 そこでメンバーたちの越しえなどを知ることができ、登場人物紹介として理解することができる。計画実行の場面に入ってからもそれぞれのメンバーの特徴となるものが見ることができ、ストーリーのおもしろさもあるがじっくり登場人物たちを見て楽しめるのだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-08-10 00:04 | 映画タイトル あ行