最近の映画について思うこと。

最近の映画で思うのは、芸術にちなんだ、あるいは西洋文化が強く映画が豊富である。それは「ダ・ヴィンチコード」を皮きりに始まったように思う、いやそれ以前かもしれない。近年では「オペラ座の怪人」が公開され、それはミュージカルとなり公演されている。秋から冬に変わる今、「敬愛なるベートーヴェン」などの映画が見られる。         また、日本映画もバライティに富んでいる。漫画が映像化され、小説が劇場化され内容も充実している。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-11-18 10:07 | インフォメーション