SHINOBI-Heart Under Blade-

d0058606_025567.jpg
 古くは平安の時代から“忍”は存在したという。 また、“忍”には伊賀と甲賀という2つの有名な一族がいた。 彼らは山里に暮らし主君のために忍術を持って任務を果たす影に生きていた。戦うことが彼らの生きがいかのようでそれが定めのように思える。 時代は徳川家が天下をとり戦国の世から泰平の世へと変わろうという時代だったのだ。 「SHINOBI」では対立する伊賀忍者と甲賀忍者の戦いと敵同士である各々の上に立つ二人の若者どうしが愛をお互いに心にいだきつつも戦わなければならないという運命へ立ち向かい戦う物語であり、日本史風「ロミオとジュリエット」といったところだろうか。
 伊賀忍者・朧(おぼろ)と甲賀忍者・弦之介は二人とも400年もの間お互いを憎み,敵対してきた忍者の里で生き,棟梁の後を継ぐ者どうしである。 しかし敵どうしでありながらも二人は恋に落ちる。 けれど現実は厳しくてそれはカタチのなさない“夢”そのものでしかないように思われた。 定められた運命、敵対する関係にある二人の環境は厳しいもの。 戦いをのぞまない二人は2つの忍の里をたばねる代々その名が受け継がれている服部半蔵を通して下された命により,主君というべき徳川家康の跡継ぎをかけて戦いを余儀なくされる。 朧(おぼろ)と弦之介は愛を守ることができるのだろか、そして二人を待ち受ける運命とは-。
 モダンな風味で色づけされた日本史を背景に描かれた物語。 主人公の二人は鮮やかな色に包まれ、そして全体として時代の鏡ではなくその時代をもとにされながらも自由に創造された忍という感じである、そして徳川家康や服部半蔵などの実在の人物たちを見ると泰平の世へと変わる時代のものと考えさせられながらも現代的でもあり、歴史を語るものでもあると想像できるものである。 この忍の忍術や能力は人間離れしたような力を持っていてまるで漫画の世界を思わせるものが見受けられた、しかしその忍術一つ一つを見るのもとても楽しいかもしれない。 忍は同じ仲間の一族であっても実に様々。 これは和風「X-MEN」とでもいえそうなものである。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-01-21 03:10 | 映画タイトル さ行