トロイ

d0058606_012972.jpg
 一つの愛のために富と名声をかけた戦いがおきたのは紀元前にまでさかのぼる。 トロイ、スパルタ、ギリシャの三つの国。 国境をこえた許されざる愛の物語である。 純粋で一途な思いどうしが交わった愛はいくつもの犠牲を出し,悲劇をもたらす。 誇り高き英雄たちは剣を持ち,盾をかまえ、そして弓をひいた。 そして国どうしの争いが巻き起こり、男たちは神々のため、主君のため、そしてそれぞれの名誉と誇りをかけて全身全霊で戦う彼らは猛獣のごとし。
 トロイの王子パリスは他国,スパルタの王妃ヘレンへ恋に落ちる。 パリスのヘレンへの愛の強さは彼にスパルタの王妃を奪わせる。 しかしパリスとヘレンとの間にあるものは他ならぬお互いを思う“愛”だった。 そのことはスパルタ、そしてギリシャへも知れ渡ることとなる。 そして一人の戦いに生きる戦士をも立ち上がらせるのだった。 戦士の名はアキレス。 ギリシャ側に立つ男である。 彼は恐れを知らない鉄壁の戦士であり,迫りくる死への危機をものともしない。ただ目の前にたちはだかる敵を倒すのみ。 しかし人の心を持っている。
 愛は温かさや希望といった幸せを人に与えるものであって時に争いを導く二面性をもったものである。 それが人々にもたらす力はあまりに大きい。 良きも悪きも動きやすいものなのだと思う。 愛が悲劇を生み出し、憎しみからも未来は望めない。 憎しみが生み出すもの、それは新たなる憎しみ。 その思いが完全にはれ、むくわれるというのは難しい、怒りに燃え,それを行動にうつしてもその先にあるのはさらなる危険であろう。 愛の力というのは恐ろしくもある、それは悲劇を呼び寄せてしまうと言うことある。 けれど、国を動かし、大勢の兵士たちを立ち上がらせ、その激しき戦いの火蓋を斬って落とさせるという力強さを持つ。
 銃なく一撃を入れるのは弓と剣、己の持つ腕力や精神力などといったパワーのみ。 力と力がぶつかる,まさに誇りやプライドをかけた戦いにふさわしいのはもちろん戦士ひとりひとりの戦いにも言えることのなのだが、(個人的には)トロイの戦士へクトルとギリシャ側にいるアキレスとの一騎打ちである。あっけなくもあるように思えるけれど人々の心・記憶に深く刻まれる迫力ある作品におけるまさに熱き戦いと言っても過言ではないだろう。 悲しさ残る映画だ。 戦士たち・英雄たちのたどる末路は悲しいばかりであるが戦士に恥じないものであったとそう思うのである。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-04-30 03:11 | 映画タイトル た行