マイアミ・ホット・リゾート

d0058606_034496.jpg
 夏、どこかのリゾートホテルへ休暇を過ごしにやってきたジャックとベン。 そこには様々な目的でリゾートで楽しむ人々であふれている。 ジャックたちが各々の相手を探すにはもってこい場所である。 二人は目的を達成しようと試みるがそこには次から次へとハプニングが発生。 舞台となるホテルは広いようで狭い空間。 そこがポイントだと思う。 二人が何か行動に出るたびに何かが起きる。 そこに警備主任、そして思わぬ偶然と手違いによりジャックとベンを怒りの矛先を向ける男が加わり、彼らはジャックたちを共に敵対視し ジャックたちを見かけては追いかけまわす。
 ジャックとベンは理想の人を見つけては声をかけようと試みるが中々うまくはいかない。 一歩進むとその先にはハプニングが待ち構えている。 ホテルという場所ゆえにか人と人がどこでどうつながっているかわからない。 あるいはどう偶然にはちあわすかもわからない、そんなその空間の(世間?)の狭さがおもしろいところで話の盛り上がるところ。 ジャンルで言えばコメディ。 お堅い感じの警備主任と資産家のダイヤを狙う男、彼らとジャックとベンが鉢合わせになるたびに鬼ごっこが始まる。 ホテルの中での大規模な鬼ごっこである。 ちょっとハラハラドキドキなところもあれば笑いどころも満載。 
 ジャックたちはあらゆる手立てを使い二人の追っ手から逃げ回ったり、美人に声をかけたりという状況下にある。 ジャックはプレイボーイで恋に手段を選ばない美人に弱いタイプという感じであり、ベンもその後に続くけど純粋な思いをつらぬくというタイプというようにとらえられる。 二人の目的は一つだけれど次々と何かの騒動にまきこまれていくのだ。 
 警備主任とダイヤを狙う男はジャックたちを追いかけるたびにその身に災難がふりかかる。 とりわけ警備主任は仕事に精を出し,仕事を生真面目に成し遂げようとするあまりか、ジャックたちをつかまえようとするたびにかわいそうなくらいに不運にみまわれる。 見ていてかわいそうだけどおもしろい。 
 追いかけ,追いかけられ、恋の相手をえようと頭をフル回転させ手をつくす。中々おもしろい作品である(※1985年)。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-06-02 11:26 | 映画タイトル ま行