ボーン・コレクター

d0058606_0435460.jpg 
 マンハッタンを振るいあがらせる連続殺人事件。 その事件の犯人の刃にかかった者たちはじわじわと苦しめられた後命を奪われる。 被害者たちは自分の恐怖がゆっくりと確実に訪れる瞬間を目にしながら命を失う。 これほどの恐ろしい死があるだろうか。 残酷きわまりない犯人の犯行が続く。 その怪奇的は事件を科学捜査を専門にする刑事ライムと事件に偶然にも巻き込まれたパトロール警官アメリアが手を組み事件を探っていくスリラー。
 事件はマンハッタンで起きた。 それは極悪非道な殺人犯による連続殺人事件だった。見るも無残なほどに変わり果てた姿となり次々と発見される被害者たち。 被害者たちのそばには不気味な,謎めいた証拠品が残されていた。 一体犯人は何を伝えようとしているのか。 それは警察に挑むかのような犯行。 そしてその手口は警察のことを知り尽くしているかのようなものだった。 それだけに事件は難航になりかねぬもの。 そこで立ち上がったのは科学捜査の道にたけたリンカーン・ライム。彼の卓越した鑑識力を持っている。 しかしライムは数年前の事故で一人では身動きできない体になっていた。 連続殺人事件に関わることになった事件の目撃者でもあるアメリアは彼の目となり手となり足となり、ライムの指示のもと捜査を進めていく。
 アメリアは無線から聞こえてくるライムの声に従い事件の捜査に乗り込むが、そこで被害者たちのあまりにも無残な姿を目の前にしてそこでライムと共に謎を解き明かしていくわけだがそうすることがどんなに勇気のいることなのか 被害者たちに共通して残されていたのは深い傷,それも骨が見えるくらいに切り刻まれているのだ。 アメリアは事件を通して一人の人間として,警官としてしていき,それはパトロール警官というよりは刑事の顔のようである。ライムとアメリアはコンビ。 一刻も早くこの残虐な殺人事件を食い止め,犯人をおさえることが彼らの使命。 
 しかし警察側の手を読んでいるかのように事件をしかけてくる犯人の手立てをつかみ,犯人を捕まえるのは空をつかむかのよう,影すら見えない手ごわい敵。 そんな敵といつ対峙し,あるいは犯人の標的にされるかはわからない。 あまりのも残酷な傷跡の残る被害者たちを出さぬよう,犯人が警察に挑戦をするように次々に犠牲者を出していく。 まるで警察に恨みを持つように。 犯人によって残されるもの、それは何を指し示しているのか。 知識にたけた知的な犯人。自らにつながるものを消し,あきらかに現場に残されたもので警察に挑んでいる。 犯人にとって人の命をあやめることは手段であって目的はライムたちの方(警察)に向けられている。 元々警察関係者だった人が逆恨みに走ったり,あるいは警察のやり方をよく思わない者がそれを指摘し社会にしらしめるような話を思い出す(この映画とそれらとが直接つながるかどうかはさておき)。
 あまりにも卑劣な犯行の数々。 信じられないと思う。 だけど今日では信じられないような事件が起き,ここまでとは例えいかないにしても ひどく驚くことでもないような気がする。 でも「起きて当たり前とか、起きても珍しくない」といって慣れてしまうこと,そして衝撃を受けながらも忘れてしまうことは恐ろしいことである。

d0058606_0442616.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-06-11 00:40 | 映画タイトル は行