ジョンQ

d0058606_084350.jpg
 「息子の命を救いたい」、ただそれだけを願っていた。 心臓の病をかかえた愛するわが子を救うために父親は決死の覚悟で戦いに挑む。 子供一人の命を救うのに障害は多く,治療するための背景、取り巻く環境にも問題が多い。 主人公ジョンの目の前には複雑にからまった医療システムがあった。 息子マイクの命を救いたいジョンは強硬手段をとるがその優しい人柄は変わることはなかった。
 一人息子と愛妻の三人家族のジョン。 彼らの住む環境は厳しく,生活にもほとんどゆとりがなく,毎日を過ごすのがやっと、そして共働きを強いられ、ジョンはまともな労働条件で働くことはできない。 それでもジョンと妻ジュリーの間にはマイク(息子)がいて,なんとか毎日を過ごしていた。 しかし,ある日 突如マイクは心臓の病に倒れてしまう。 重い病を治すのに一つ問題があった。 それはあまりに高額な治療費の支払いと理不尽な医療システム(穴)に直面せざるをえない現実だった。 生活をするのにmのやっとの日々。 しかし、息子の命がかかっている,そこで友人のつてを使ったり,あらゆる手段をとり, 力を尽くすがそれも水の泡に等しかった。
 そこでジョンがとった行動はお金のないジョンたちをあしらった病院に人質をとりたてこもることだった。
 凶悪犯であれば人質の命を軽く見ただろう。 だが,ジョンは違う。 人質は患者たち、息子の命を重んじるジョンは違う。 人質はその病院の患者や医者たち。 いろいろな問題や病をかかえる患者たち、息子の命を重んじるジョンは同じように苦しむ彼らを放っておくことができなかった。 息子が命の危機にさらされたとき、命の重さを悟ったからこそである。
 そうしたジョンの,他の患者たちへの思いやり、自らを捨ててでもマイクを救おうと警官たち,そして医療システムにたたきを挑んだ彼の熱意は人々の心を動かす、そして人質となった医療チームや患者たちはいつしか,そんなジョンに共感を覚える。 そこにこの話の魅力がある。
 自分の命よりも息子の命を思った父親。 彼の要求はお金ではなく息子を重い病から解き放つこと、ましてや人質の命を奪うことでもなかった。 欲もない。 たてこもっていても愛する一人息子がいる彼は人質たちと同じ目線でいて、いつしか犯人と人質という隔たりもなく打ちとけあるようになっていた。
 人質たちと絆のようなものが生まれ、医療システムやそれに付随する保険のシステムに,そして警察に断固として戦いを挑み,自分の息子の命を救いたい思いを主張してきたジョンは犯人である以前に英雄であり,父親なのだ。
 サスペンスとしえの張り詰めた空気も醸し出しつつも、人質たちだけでなく、外から見る人々や一人の警官、そして観客の心に共感を呼ぶ。 そんな感動ドラマの要素が大きいけれど、人,一人の命を救うのがどんなに大変でそこまでの距離が長く険しいものなのか、現実を思い知らされるのである。 このように現実的な問題を提起することで、この作品を観た人々の医療システムへの見方も変わるだろうし、どうすべきかとか関心を持ち,現実を学び,知るきっかけにもなることであろう。

d0058606_0433747.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-07-31 23:59 | 映画タイトル さ行