ハリーポッターと不死鳥の騎士団

d0058606_1173180.jpg
 (※「炎のゴブレット」をまだご覧になっていない方、あるいは今回から鑑賞される方、また原作を「不死鳥の騎士団」まで読破していない方など、それらの原作あるいは映画をご鑑賞の後、読まれることをお薦めします↓↓)

 ついにヴォルデモート卿の影、復活は確実なのもになろうとしている。 ハリーに課せられた試練、いや 宿命の闘いが今,幕を開けた。 形なき“例のあの人”は魔法学校対校試合が開催され終盤にかかったとき、ついに一人の魔法使いという形をなし復活をとげるのだ。 ホグワーツにも,またマグルの世界ですら危険が迫っている。 ヴォルデモートたち闇の魔法使いとそれに対抗して立ち向かうハリーやまさに対ヴォルデモートのために結成し、活動をしている秘密結社「不死鳥の騎士団」の戦いが始まる。 「ハリーポッター」シリーズの映画化も今回で5作目,物語はさらにダークなクライマックスに突入している。 
 ヴォルデモートが復活をとげたその瞬間からハリーの苦痛が始まる。 それはヴォルデモートとハリーの関係に秘密が隠されていた。 だがその真実をハリーは知る由もない。 そんな苦痛が続く中、マグルの世界で事件が起こる。 ここにも密かにヴォルデモートの影がせまっているのだ。 もはや、絶対安全と呼べる場所はない。 ヴォルデモート卿の復活を疑う余地もない、だが魔法省はそんな危険が迫っているのも関わらず,現実を見ようとせず、“例のあの人”の復活を目にしたハリーは魔法省からも,世間からも嘘つき呼ばわりされる羽目になる。 ハリーの苦痛は続き、深刻化し,さらに世間は,(親友たちを除く)クラスメートですら疑いの目で自分を見るという状況にのまれ、ハリーは孤独とかしていく。
 しかしハリーを信じるものとて少なくない。 それが,ロン、ハーマイオニーはもちろんのことだが,「不死鳥の騎士団」である。 そこにはロンの両親やハリーの名付け親シリウスを始めとする力強い面々がいた。
 学校ではアンブリッジなる魔法省からやってきた教師が就任し、魔法省の干渉、さらには規則を次々と作り,対ヴォルデモートのために立ち上がろうものがないかと目を光らせ,ハリーたちはまともに闇の魔術に対抗する術を学ぶことができず、ハリーは「ダンブルドア軍団」という闇の魔術に対抗することを学ぶ機会を設け,同士を募る。 いまや、大人だけが戦う“時”ではないのだ。 闇の魔術に異を唱えるものたち,魔法使いたちが揃って戦わねばならないのである。
 ハリーがホグワーツに入学して魔術学校、魔法の世界をハリーが初めて体験するように見る者もまた初めてその目で見るわけである。 第一章からヴォルデモートの影があったものの,前半はその素晴らしい世界にただひたすら目を輝かせて見ていたのが、シリーズが進み,物語の真髄に近づけば近づくほど話はシリアスでダークに変化をとげていく。 例えばパトローナス(守護霊)があったりとかハリーたちが使う魔法に魅力を感じ,純粋に楽しむというものがあり、そういうどちらかというと大人向けな雰囲気が前回にも増し,にじみ出てくる。 戦いのドラマが始まる。
 楽しませてくれる部分、盛り上がりのある部分はその合間,合間に少しずつ組み込まれているのだ。 あのクールなスネイプさえなんだかおもしろい場面がある。 そして原作にあるあるおもしろいエピソードもちゃんと入っていたりと満足度は高いはず。 一人一人のセリフにすごく重みがある。 終盤、ある人物のあるセリフがすごく心に残った。 それはなんとなく希望のある言葉であると私は勝手に解釈している。 映画の終盤やクライマックス、主人公,あるいは主人公と深く関わっている人物、あるいは意外な人物がその先の何かを予告・予言するようなセリフをこぼしていることがよくある。 そのセリフが物語全体の理解にもつながれば、(シリーズであれば)次の展開、あるいはこの先のどこかで起こる話につながっていたり表していることもあるだろう。
 クセモノコンビ,ジョージ&フレッドの見せ場ももちろんのこと、今回エキサイティングなのはやっぱりクライマックス、光と闇の対決。 光も闇もほぼ互角な戦いを繰り広げ、戦う姿勢やその魔法の威力は凄まじく,たとえヴォルデモート側であっても,その威力や迫力がすごいと思う。今回、初めて魔法省が登場し、戦いの舞台としても最高に映える場所である。 もう一つのホグワーツにある新たなる場所もさることながら、魔法省のクライマックスシーンの建物内部の美術も原作から見てもとてもリアルで美しいものだと思う。  そしてハリーの成長だけではなく彼の仲間達,ハリーを慕うものたちみんなが魔法使いとしての成長していくのがうかがえる。
 映画全体から見てコンパクトにまとめられているという印象を受けた。 映画も物語が進行し、ダークになればなるほどおもしろみが増すように思う。ハリーも大人になってきて,まだ魔術学校に通う生徒だけれど,それでも一人の立派な魔法使い。 大人とほとんど変わらぬ力を兼ね備えているといっても過言ではない。 そんなハリーであってもやっぱり弱いところはある。そこが人間らしくであり、そこがヴォルデモーとの違いの一つで強みとも言えるのではないだろうか。 大人を頼るばかりではなく,自ら立ち向かうこと、それがハリーたちの使命なのだ。
 次の「謎のプリンス」の製作もそう遠くないようである。

d0058606_14165784.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-08-02 11:41 | 映画タイトル は行