ヘアスプレー

d0058606_23361165.jpg
 ミュージカル映画の利点は360度で人物を見ることができることだ。 出演者は自由に動き回り,物語はリアルに映し出される。 その良さに偏っていないという評価があるように,歌はもちろんであるが、これは主人公たちのパワフルなダンスに注目したい。 彼らの心の底から歌うことが体全体で表現され、中から外へ,二つの世界が同時に繰り広げられるといったミュージカルの魅力が映画によって演出され,また 引き出されてるからである。
 ポジティブな物語である。 現実を見つめながらもそこに焦点をおくわけでもなくそれを自然に流していく。 現実とはアメリカに起こる人種問題。 この物語の時代は60年代で40年経った今も尚,この問題が続いているからこそ私たちにメッセージとしてストレートに伝わってくる。 とは言え、あくまで前向きに進むことが大事で、自分と違うものを受け入れないこと,他人と違うことに萎縮してしまうことを考える必要もなく,その意味もないことなのだと言っている。 それは映画の背景に過ぎない。「人と違うことを恥ずべきではない、むしろ堂々と胸を張るべきである」」という言葉が作り手が言わんとしていることなのではないだろうか。
 1950年代から60年代へと移り、時代は動こうとしていた。 ボルティモアで暮らすティーンエージャーたちの楽しみは“ヘアスプレー”で(髪を)きめた,ティーンたちが集い,歌って踊る“コーニー・コリンズ・ショー”を見ることだった。 トレイシーもそれに夢中な若者の一人である。 テレビ画面の中でかっこよく,また可愛く踊る者たちに憧れる。 トレイシーはそのステージで歌って踊ることを夢見ていた。 歌も踊りも得意なトレイシー、そんな彼女の前に立ちはだかるは(自らが)Bigであること。 彼女が向かう先には人種について,また自分とは違うものについて厳しく,トレイシーが目指す“コリンズ・ショー”に対して力を握るベルマ・フォンタッスルは自らの娘のために人からの注目を集めつつあるトレイシーに嫉妬し、あらゆる手段を使ってくるが、それでもトレイシーは負けない。 (彼女は)夢を実現させるために前進し着実に歩を進めていく。
 彼女には境界線、人種による差別と言う言葉はなく、“皆,同じ人間なのだから肌の色の違いなどそれぞれが姿かたちが違うことのような小さなことは問題ではない。人それぞれの個性が違うようにそれぞれの一人が他人と違って当たり前”ということが彼女の信念であり,長所である。 そしてトレイシーのポジティブさが物語を明るさを演出する。
 主人公の前向きな精神、また物語の前向きな雰囲気が全てを照らす。 何事もポジティブに考えるトレイシーは気持ちいいくらい明るい。 人に元気をあたえ、人の心を動かす。 不思議と彼女の周りに人々が集まる。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-10-23 01:04 | 映画タイトル は行