キングダム・オブ・ヘブン

 今回 初主演のオーランドは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズとはガラッと変わり、とてもワイルドでたくましくなっていた。セクシーさは健在!!

 私は主に現代モノが好きなのだが、時代モノも同様 興味を引かれるものがある。特に戦争モノ。例えば 「トロイ」、「アレキサンダー」、「アーサーキング」などの作品である。

 もちろん、リドリー・スコット監督作品「グラディエーター」を私は以前見たことがある。「グラディエーター」を見たとき あまりのすごさに ただただ呆然としていたが 今回もすごかった。
 戦闘シーンがとにかく目が離せない。とても手がこんでいるし、スピード感,臨場感 共にトップクラスだ!!すごすぎる!! きっとこれに勝るものは なかなかないであろう。 見ていてとても快感だ。

 私はカメラワークはもちろん,各シーンの色づかい,城が攻撃されたときに飛び散る破片の見せ方など 細部にまで施される効果がすごいと思った。 今までとは一味違うオーランドもまた とても男らしくて良かった。

 途中、頭がついていかない時があったけれど 結果的にハッピーエンドだったの私はとても満足している。

 プログラムを見て初めて気づいたことがある。ボードワン4世を演じた役者さんが誰かわからなかったので 気になって調べてみたら なんとエドワード・ノートンだったのである! めちゃめちゃ驚いた。まさか ここで出てくるとは予想ができなかったので。 

 この作品の結末は とても素晴らしく、おもしろかった。ストーリーのはじめから おわりにかけて バリアンが成長していくさまが 見所の一つだと思う。 ぜひ見ることをオススメします☆
[PR]

by jd69sparrow | 2005-06-02 15:37 | 映画タイトル か行