コンスタンティン(二回目)

d0058606_0485092.jpg
 (神とサタン、)天使と悪魔の関係は相反するものどうしであるといことがまず一つ言える。 同時に,様々な人たちにより,あるゆる解釈ができ,たくさんの場面・場所に登場する。 その多くが、“天使は神の使い,悪魔は地獄の王の使い”と 天使は善.悪魔は文字通り悪として描かれている。 (他のモノを)これらに例える事もある。 例えば、(天使はわからないが)悪魔は吸血鬼を連想するものとして耳にした事がある。 また,人の人格を表す一つとしても使われる。 それだけ天使と悪魔は深いテーマと言える。
 映画には、その二つは当然のこと,さらに、天国と地獄の両サイドの使者がそれぞれ存在する。 半分が人間,もう半分が天使か悪魔…ここではハーフブリードと言う(つまり、人間と人間ではない存在の血が流れている者)。 主人公を始めとする,人から見れば,彼らに敵と味方がいるということになる。ハーフブリードはある意味で中立的。
 主人公のコンスタンティンはエクソシスト。 彼が接触する相手に“天使ガブリエル”がいる。 ガブリエルは、他の作品でも時々出てくる名前。 例えば、『ヴァン・ヘルシング』では、ドラキュラ伯爵がヴァン・ヘルシングを“ガブリエル”と呼ぶ場面があったと思う。 宗教的に言えば、聖母マリアにキリストの誕生を告げた天使がガブリエルとある(『受胎告知』)。

 あらすじ。 ジョン・コンスタンティンに特別な“力”がある。 それは、普通の人間には見えないものが見え、人にとりついた悪魔を地獄へ返す能力である。 さらに、水(と椅子)を使い,この世と地獄とを行き来できる(水がこの世と地獄を結ぶ・・・そして時に人の命を奪う…しかし、人が生きるのに必要であるのも水。 救いとも刃ともある水は不思議である)。
 彼はこの力に悩まされ、日々煙草に頼っている。 そうして自らの身を削り,その先に見えるのは地獄への入り口。
 天も地獄も人間の世界に影響を与えられるが,直接手を下すことはない…そう思われていた。しかし、そんな世の調和が乱れる異変が起こり始めていた。 そんな時、事件が起こる。 それもこの異変に大きく関わるような。 イザベル・ドットソンの死、しかも自ら命を絶ったという…。 何故,“異変”に関わっているのか? それは彼女に双子の姉妹がいるからだ。アンジェラである。 悪魔たちはアンジェラの命を狙っている。
 イザベルの死の真相をつきとめたいと願うアンジェラはコンスタンティンに助けを求めにやってくる。 そして、彼らと悪魔の戦いと駆け引きが始まる。

 感想。 天使と悪魔の間にハーフブリードという新たな存在が加わり、人間世界がそのまま荒廃したような地獄の世界が映し出される。 今までの作品にない要素が含まれていると思う。
 個人的に地獄のイメージは、ごつごつした岩の大地に火の海(あるいは、血の海)があるという火山のようなものなのだが ここでは人間世界に地獄があって,人間世界が荒廃したうえに炎の色が色づけされ,とても人が暮らせるような場所ではない。 さらに,そこには人の代わりに悪魔がいて地獄に迷い込んだ人間を餌食としている感じ。 迷い込んだ人間,地獄に落とされた人間(罪人)…いずれ,その悪魔たちのような醜い姿となり,我も忘れてしまうのだろうと思った。 そうして、悪魔と化した人間はこの世の人をうらめしく思い,とりつく…日本で言うところの悪霊だろうか。
 『コンスタンティン』の物語にはまだ続きがあるような気がする。 自身の未来に地獄しか見えないコンスタンティンが過去に犯した過ち(罪)が報われ,天へと導かれる日が来るのだろうか。 ダークな作品だけど、エクソシストと悪魔たちとの戦いはエキサイティングで ビジュアル的にも繊細に描かれていると思う。 

前回の記事

d0058606_049795.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2008-05-31 00:33 | 映画タイトル か行