カンフーパンダ

d0058606_2349757.jpg
<イントロダクション>
 カンフーアクションが取り入れられた映画はたくさんある。 ブルース・リーやジャッキー・チェンが出演した名作から『カンフーハッスル』などなど。 アニメーションで本格的に取り入れられるのは、ないかもしれない(あったとしても、そう多くないはず)。 しかも、カンフーをするのは動物たち。
 アニメーションといえば、世代を問わず楽しめるもの。 こうして、CGアニメで(しかも愛らしいキャラクターたちがカンフーをする)取り入れられることにより、往年のカンフースターを知らない世代や子供に至るまでカンフーに親しみを持てることだろう。

<あらすじ>
 平和の谷で父親と二人でラーメン店を切り盛りするパンダのポー。 ポーはカンフー好きでマスター5(ファイブ)と呼ばれる,カンフーの達人たちに強い憧れを持っている。 彼らのようになりたいという夢はあるものの,カンフーを実際にはできなかった。
 平和の谷の目の前にそびえたつ翡翠城(ひすいじょう)には、ウーグウェイ導師、シーフー老師、そしてマスター5がいる。 マスター5の師はシーフー老師で、ウーグウェイ導師はシーフー老師の師。 その彼らでさえ,苦戦する存在がある。 それは監獄に服役中のタイ・ランである。 ある日、タイ・ランが平和の谷へやってくるというお告げがあり、平和の谷を守るため,タイ・ランに対抗できる“龍の戦士”を選ばなくてはならなくなった。 龍の戦士に選ばれたのはなんと、ポーだった。 ウーグウェイ導師を除く,誰もがその事実を疑った。 カンフーもできず,体だけが大きいパンダのポーに。 やがて、龍の戦士として、タイ・ランと戦えるほどの強さをつける,ポーの修行が始まった。

<感想>
 マスター5のトラ、サル、ヘビ、ツル、カマキリ,それぞれのアクションもかっこいいけれど、(偏見かもしれないが)カンフーだとか戦うことが中々想像しにくいパンダが龍の戦士を目指すべく,様々な修行を積んで成長していくのはのは見ごたえがある。 それ以前に、“パンダがカンフーの達人に”というのがおもしろいと思った、 
 まわりから信じてもらえず,自分さえも自分を信じられないとかいろんな困難に直面するけど,精神から少しずつ変わっていく、その様子がはっきりと映し出されている。 他の者たちとは違う方法でたくましく成長するポー。 ラストは始めでは想像できない,ポーの姿が見れる。 パンダというか、ポー自身が持つ愛らしさを見せつつ,かっこ良さもある。 
 ポーはその表情豊かさ、キャラクター性もさることながら、ポー独自の戦法もかっこ良さとユニークさがある。 ユーモアを多く持ちながらも,純粋な面もあって,悩むときもある。 そうして人間性を出すことで,ただおもしろいだけのキャラクターではなく,深みのあるキャラクターになるだろうと思う。
 様々なカンフーアクションを楽しみ、隅々までに施された演出のすごさに魅了され,ところどころにあるユーモア(コメディ)に笑い、そして最後にメッセージを受け取る…そんな作品だ。
 今回は過去の名作のパロディ…というよりも名作の数々の良さをくみとり,うまく応用して活かしているということを知り,一つのアニメーションを作るのにもこれほどのリサーチがあるんだなぁと思った(※プログラム参照)。 そういう過程があって、この深みのある作品があるというわけで…すごい!

d0058606_2531384.gif 
←Click here!!
[PR]

by jd69sparrow | 2008-08-06 00:17 | 映画タイトル か行