アイアンマン

d0058606_2127062.jpg
<イントロダクション>
 ヒーローと言えば、普段は目立たないような青年がひょんなことから、スーパーパワーを手にして愛する者や人々のために戦い,そんな中でヒーローとして人間として成長していくというイメージがある。 もちろん,この理屈が全てではないが。 『アイアンマン』のトニー・スタークは今までのヒーローたちと違い,ヒーローになる人物像からかけ離れている。 逆にそれが良いのだと思う。
 心から変化していくという点ではこれまでのヒーローたちと共通するところ。 また、自らの手でスーパーパワーを作るというところは『バットマン』のブルース・ウェインを連想させられた。 アイアンマンは最高にクールなヒーローである。

<あらすじ>
 トニー・スタークは、軍事兵器を開発する一流企業のトップ。 仕事でアフガニスタンを訪れたトニーは命の危険に関わる事件に巻き込まれてしまう。 テロリストたちにより,捕らわれたトニーは同じく捕虜となっているインセンに命を救われる。 テロリストから兵器の開発を要求されたトニーだったが、彼が作ったのは兵器ではなく,鋼鉄の鎧。 インセンの助けがあって,なんとか脱出をするが、思いもよらぬ事態が彼を待ち受けていた。 事件に巻き込まれ、さらに自分が今までしてきたことがもたらした現実を知ったトニーは、人々を危険にさらす兵器ではなく,人々を守ることを考え、“アイアンマン”となる。 一方で、彼のこの転身を良しとしない者がいた…

<感想>
 実業家としてカリスマ性を持ち,自信に満ち溢れるトニー。 贅沢三昧で欠点も少なくないが、魅力的。 その理由の一つは“仕事の顔”。 社長という型にはまらない人間性だと思う。 社長椅子にどっしりと腰を落ち着かせているというのでなく、自由人であり、熱心な発明(研究)家なのだ。 アイアンマンのパワードスーツを作るトニーは男らしいと言うよりも、少年のよう。 そこに惹かれるものがある。
 他のヒーローものでは見ることの出来ない,スーパーパワーが誕生するまでの過程。 従来のヒーロー映画では特殊能力を手にしたものはパワーコントロールするところから始まり、yがて応用する力を身につけ,真の超人となる。 『アイアンマン』は、何もないところから、パワーを手にするまでの“間”が描かれている。 だから、戦闘シーンはさることながら、“アイアンマン”が完成されるまでの道のりに注目がいくし、おもしろいところである。
 “アイアンマン”には様々なパワー、戦闘手段があって それを一つずつ実験を重ねていく様子はユーモラス。 その中の一つで人間的な機械とのやりとりがコントじみていて良い。
 さらに! アイアンマンの機体は改良が重ねられ、進化していく。 赤と金のカラーが施されたものになるまでに三段階あって、最初と最後では大きく異なる。 トニーは自宅のコンピュータシステムとのやりとりで“アイアンマン”を築き上げていくわけだが、そんな中でボツとされたデザインの機体が形となって、残されていて それをトニーのビジネスパートナーであり、信頼関係にあるローディが見て,一言言っているところは、意味深である。 意味深と言えば、最後の最後のシーンにも言える。
 アイアンモンガーとの対決も忘れがたい。 まず、アイアンモンガーはトニーがはじめに開発した,“アイアンマン”のモデルが元になった機体であること、次に『スパイダーマン3』のスパイダーマンとヴェノムとの対決を連想させられたからだ。 あともう一つ、付け加えたいのが、鋼鉄の仮面のない状態でのトニー(アイアンマン)の戦いぶり。 限界と危険に耐えながら,戦う姿がカッコイイ。 それにトニーの人間らしさや強さがストレートに表現されているのだ。
 改良に改良のなされた“アイアンマン”はどこにそんなパワーや武器が隠されているのかという感じ(ペンくらいにミサイルがアーマーから出されて、しかも,その破壊力が見た目以上)。
 戦闘スタイルはかっこ良く,自由に空を駆け巡るところは遊び心を感じさせ,エキサイティング。
 トニー・スタークの人間性。個性は変わる事はない。 だが、物語を通して変化がないわけではない。 現実を知ってから、トニー・スタークという人間がしだいに明かされ,人間味ある彼の一面が浮き彫りにされ、最初の印象からのギャップがある。 それもまた,この作品の魅力の一つ。
 新しい何かを作ると、それが悪用されたりする。 たとえ、それが武器・兵器のための道具とは、目的が違っていても パワーを秘めるものは良くない方向へと転がされることもある。 それは、とても皮肉で現実的だ。 これはネットという最新技術が物語っている。 アフガニスタンという舞台も,強力な兵器開発も実際に今、問題となっていることだ。

d0058606_22152664.gif
←あなたのクリックに感謝します。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-01-03 21:33 | 映画タイトル あ行