アレキサンダー

d0058606_19193089.jpg
 コリン・ファレル主演作品は この作品が初めてだ。 金髪が結構 似合っていたし、肉体美がなんといってもすごい。 アレキサンダーの人生が とても事細かに表現されて とても素晴らしかった。
 アレキサンダーの目指した夢は とても大きくて とても理想的な道だと思う。 その人生はとても短すぎた。若くして王になったことが その背景にあるのかもしれない。 
 日本の大河ドラマにしてもそうだが、歴史モノというのは 歴史上の人物の生涯を描く。 だから その人物の最期を見ることになるのだ、しかしその最期は名誉であり 感動を与えるのだ。この作品のラストは わたし的に悲しい終わり方だけど それと同時に感動的だった。
シーンの一つ一つにとても迫力があり、とにかくすごい。 アレキサンダーが亡き後 アレクサンドリアという国ができたのは アレキサンダーの偉大さゆえなのだろう。
 アレキサンダーの子ども時代を演じた子役の男の子がとても可愛いいし、アレキサンダーの母親を演じたアンジェリーナ・ジョリーは とてもセクシーで現代モノの出演が多いけれど かなり 時代モノがすごく似合ってると思った(ブラックな役柄だけど そこがまた魅力的だった)。
 とても 興味深い作品なので 西洋系の時代系に興味がある方、そうでない方にも おすすめの作品の一つです。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-06-17 21:20 | 映画タイトル あ行