2009年 09月 24日 ( 1 )

男と女の不都合な真実

d0058606_15141934.jpg
<イントロダクション>
 恋愛に関する男女それぞれの本音を語る映像作品というのは、私の知る限り日本にはまだないだろう。 もしくはあまりない。 少なくとも、これ程堂々と過激かつ大胆に述べるものはないはず。 また、男女問わず楽しめるロマンティック・コメディなんて、新鮮だ。 この新しい切り口と言えるこの作品ではあらゆる言葉、本音が行きかうけれど、学ぶべき要素が多く散りばめられている。 それは、現代うつしたリアルな“真実”があるからだろう。 よく主人公と自分とを重ねあわせることができる、という評価を耳にするけれど 作品を見た後、それを本当に実感できるし,考えられる。 ジェリーが語るように“普通のロマンティック・コメディ”ではない。 華やかなラブストーリーや ありきたりな話に飽きた方,また“普通ではない、ひねりを効かせた話”が好きな方にオススメな作品だ。

<あらすじ>
 敏腕プロデューサー、アビーは地方局の報道番組を背負っている。 しかし、そんな彼女の番組の視聴率は低迷しつつある。 おまけにアビーは理想が高すぎて相手が中々見つからず,仕事もプライベートも順調とは言いがたい日々。 ある日、偶然見たテレビ番組「醜い真実」。 それはパーソナリティが男の本音を言葉選ばず、ストレートに語り,視聴者と電話を用いての恋愛カウンセリングをするというもの。 完璧主義のアビーにとって最も敬遠すべきものだった。 アビーの上司スチュワートから、視聴率をあげるために呼び寄せられたのがなんと、その低俗な番組の司会であるマイクだった! 報道とは全く世界が違うところから来たマイクの出演はアビーの懸念に反して、好成績を生んだ。
 恋愛感など考えが全く異なり、意見の対立するアビーとマイク。 ついに理想の相手を見つけたアビーだが、いざチャンスをつかんだものの,中々一歩の踏み出せない。 意に反するものの,自称恋愛プロのマイクの力を借りることに。 アドバイスを受け,指南を施すという二人は思わぬところで自分の本音を知る…。 

More
[PR]

by jd69sparrow | 2009-09-24 15:34 | 映画タイトル あ行