2012年 09月 17日 ( 3 )

壁。

「嫌な事・モノが先に見える」


自分と合わない人が現れると

その相手の嫌なところばかりに気をとられ

簡単に人を嫌ってしまう。


何か仕事など 始めようとするとき、

あるいは 考えるとき

大変な点ばかりが 気になってしまう。


好きな事と同じくらい、その逆の事にも人は敏感なのだ。


自分より背の高い壁を目の前にしたとき

引きさがってしまうのではなく、

どうしたら 超えられるかを考えるのがいい。


そして イイ所を探すことに努める。

何か決断する時も 人づきあいにしても。


すぐあきらめるのではなく 壁を越えられない理由を探るのもいい。

いつも どうしたら ポジティブになるのか考え抜く事

これからの自分へのカルシウムになるはずだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2012-09-17 23:35 | 今日の一言。

味覚と嗅覚。

よく 「これって○○の味がする!」と言う事がある。

例えば「ゴムのような味」と表現したりする。


食べるものでもないのに何故?と思う。

食べたことがないのに

人はどうして鼻で記憶したものを味のたとえにするのだろうか。


不思議である。


鼻と口とは つながっているのだから。

…と、言ってしまえばそれまでだが。

謎である。


あと。

五感で記憶したことが

それがないのに あるように思えることがあることがある。

例えば 目で記憶したことが頭の中で再生される不思議。

音楽もそうだし、

嗅覚なんかもそうだ。


私だけだろうか。

以前 どこかで記憶した香りが

その香りの元がないのに

あるような感覚を覚えるのは。

ふいに 感じることがほとんだ。


頭痛がして 頭痛薬を飲む。

あるいは たっぷり休息をとったりする。

頭の痛みが取れる頃、

決まって 鼻の中で 甘い香りがする。

これに関しては もしかしたら 自分だけかもしれないが。


もしかしたら 医学的・科学的に

すぐ解明できることかもしれないが

「体のミステリー」と言えるだろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2012-09-17 23:23 | 独り言。

想定外。

何年か前に流行った「想定内」。

今は逆に「想定外」という言葉をよく耳にする。


想像する力は無限。

だけど 想定には限界があると思う。


人生とは「想定外」の連続だ。

良い意味でも悪い意味でも。


次々と新しい技術を開発する。

だけど それを制御することや それによって起こる事態というのは

進化すればするほど難しいのではないか。


常に時代は変化し続けている。


案外、『マトリックス』や『ターミネーター』のような社会が

未来のどこかで現実になるのではないかと思っている。


多種多様なロボットが開発されている。

しかし その創造してきたものにも

いつか意志が宿るのではなかろうか。


「非現実的だ」とよく言うけれど

果たして そう言いきれるのか。


時代と人とが常に追いかけっこをしている。

きっと 人が追い続け

追い付くのは難しいし、どこへ行くのかも未知である。
[PR]

by jd69sparrow | 2012-09-17 23:11 | 独り言。