ジェームズ・フランコ

d0058606_23293389.jpg
 5月1日に世界最速で公開された「スパイダーマン3」の際に来日したトビー・マグワイヤと,シリーズで主人公ピーターともに中心にいたハリーを演じるジェームズ・フランコ。 ちなみにこの間、とあるテレビ番組ではMJ役のキルスティン・ダンストも加わり、三人の主要俳優たちの顔が揃った。 インタビューを受ける三人。 そこでは良い意味でちょっぴりのけ者にされるトビーの姿があり、微笑ましい(?)場面を垣間見れた。 
 映画の中と外とでほとんど変わらない人もいるし、だいぶ違う印象がある人もいる。 それは映画界と限らず、社会において仕事とオフとで違うのと同じかもしれないが。 たいていは演じるキャラクターの強烈さがギャップをうむのである。 今回の強烈とまではいかないがそんな違いを感じさせたのがフランコなのだ。 正直なところ、今回で最後とも言われる「スパイダーマン3」の公開に便乗された。 まず最初にはそのギャップから来るものだが、映画を見てその役どころからくるものもある。 
 映画(「スパイダーマン3」)では復讐に闘志を燃やす、攻撃的な面からくるクールさというかかっこよさがあって、それとは打って変わりフランコのインタビュー時を思い出させるような優しさのただようのと2つの面で魅力があると言えよう。 笑顔がかわかっこいい(可愛くてかっこいい)というのがツボだった。 俳優としても全体像としてもクールである。 「スパイダーマン」シリーズ三作全てに出演を果たしているけれど他の作品で中々見ることができない(見逃しているだけかもしれないが)。 しかし俳優としての実力はレギュラーな主演級と言っても過言ではないはず。 記憶が確かならば最近ではとある最新映画にカメオ出演(?)をしていた。 ふと目を離したら見逃してしまいそうなくらいの時間であったと思うが。
 かくうえ、「スパイダーマン」シリーズも一区切りされたというわけで 今後の出演作に注目していきたいと思う。 ちなみに本名はJames Edward Franco(ジェームズ・エドワード・フランコ)。 ミドルネームもあっていて、それでいてかっこいい。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-05-14 23:56 | ハリウッドスター

ジム・キャリー

d0058606_23224638.jpg
 コメディ界の貴公子! コメディアンとして人気の高いジム・キャリーは「マスク」や「「グリンチ」、「レモニー・スニケットの世に不幸せな物語」など個性の高くておもしろくて愛されるべき、あるいは憎めないキャラクターを幅広いレパートリーで自由自在に役を演じ分けるという実力の持ち主。 漫画から飛び出したような濃いキャラクターの多いけれどキャリーは二枚目な俳優であると思う。 それは純粋さや繊細さを感じさせる作品への出演もコメディに負けず劣らず光っているからである。 「マジェスティック」、「エターナル・サンシャイン」などなど。 感動を呼ぶ作品だったり、不思議であるけれど素敵な作品だったりする。
 いろいろな役を演じられてるわけだがその中でも彼のレパートリーの広さを知ることができたのは「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」である。 両親のいない三人の子供たちが最初に訪れる家の主人で、彼らを追い続ける役であるが、頭のてっぺんからつま先まで個性の広がるその役は少し大胆さを感じたと同時に彼の演じる役の個性の強さをもろに感じたのである。 そしてこの物語で彼の演じる役は子供たちを追いかける過程,さまざまな人間になりすますのである。 DVDを全体通して見て,レパートリーが無限に続くかのようだった。 全体の演技じだいも数多いけれど顔の表情もそれに比例するのではないかと思う。 それは映画一つ一つでジャンルとわずわかるように顔の筋肉をかなり使っているのではないかと思わせるほどの表情ぶるなのだ。 
 スポーツマンな一面もあるようである。 役者として優れている一方で役者以外の面でもこのような面が見られるというはすごいというか、かっこいいと思った。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-11-15 23:42 | ハリウッドスター

ジョニー・デップ 反骨のハリウッドスター

d0058606_1619191.jpg
 この間、ジョニーの特集で多くはないけれどジョニーの出演した映画やジョニーの役者としてのプロセスを紹介した番組が長きの時間をかけて放送された。 それは「妹の恋人」、「チャーリーとチョコレート工場」、そして「ジョニー・デップ 反骨のハリウッドスター」である。
 「ジョニー・デップ~」ではジョニーの生い立ちから役者の道へ向かうまでと役者の道を歩みはじめからのプロセスが語られている。 音楽の道からスタートした彼の人生の道は役者という道へとたどり着く。 役者になる以前からずっと彼は温かい家庭を築き上げることを望んでいたが何度も試みをするものの,それは中々かなえられることができなかった。 音楽の道へ進むことをやめ、役者へとなる。 彼は型にはめられることやレッテルをはられること拒んだ。 レッテルをはられている状況下から抜け出すため、またそれを打ち破るためにとったジョニーの行動は驚かされることばかりであったようだ。 そんな彼は“アウトサイダー”と呼ばれた。 ありがちなものや決められた枠にはめられることなど彼にとっては退屈でしかなかったのだろう。 自由に生きていくことを強く望んだのだ。 自由に生きていくと一口に言ってもそうそうできることでもかなうことでもないのが現実、もし自由に生きていくことができたならそれ以上に幸せなことない。 彼にとって自由に生きていくということが現実に今あるとしてもそのためには相当な苦労と努力があったとうことは間違いないだろう。
 意外にもジョニーの役者としてのキャリアは数年にわたるテレビドラマへの出演という経験を経た後、本格的にスタートする。 テレビドラマの出演により一気に若い世代から人気をはくすわけだが,それ以後彼が見せる顔はがらりと変化していくのである。 ジョニーならではの世界が見受けられるというわけだ。
 役者ジョニー・デップの出会ったキーパーソンの例としてあげるとしたらまずニコラス・ケイジとティム・バートンがあげられるだろう。 バートンとは互いのイマジネーションがシンクロするものがあり、幾度となくコラボレーションを果たしているし、バートンからのオファーは詳細を聞くことなく二つ返事で引き受けるという信頼関係がそこにある。 監督と役者とがこれほどまでの信頼関係で結ばれていて、さらに絆も強いというのは多くはないはず。 バートンが描く不思議な世界とジョニーの独創的な世界という相性のよさがうかがえる。 ジョニーの演じる役の多くはとても個性の強いものが多いけれどそれらにみな言えることが愛されるべき人物であるということだという、それは映画を見ていて実感できる。 ニコラス・ケイジはジョニーを役者の世界へと導いた人物である。 ケイジのすすめで役者となったジョニー、もし彼と出会っていなかったらどうなっていたのだろうか。 それはさておき、個人的にケイジに感謝をしたい。 人生はどんな人たちと出会うかで運命が切り開かれ,変わっていくわけで、そのためにはどう生きていくかもとても重要なことなのだと思う。
 ヴァネッサと出会うことでジョニーはずっとずっと,長い間求めてきた温かな幸せな家庭を築き上げることを実現し、娘と息子という二人の子供に恵まれるのである。 それはジョニーの役者としての道を変え、広げるだけでなく自身をも変えた。 独特なキャラクターの多かったジョニーだが子供が映画を見れる歳となり,そして娘が一番の批評家となった現在、“子供に残すための映画”、“子供が父親が出ていて誇りに思える映画”という新たな道を広げたのである。 ジョニーの映画の選び方というのは客の数ともどれほど人気がでるかでもない。 「監督・脚本・内容」なのである。 演じる役に恐れを知らないジョニー。 偏ることなく幅広く役をこなす役者である。 あらゆる違うタイプの役を演じることで視野を広げ、さらに“アクション俳優”とか“コメディアン”と一つの枠にくくられるのではなく、いろんなジャンルに挑む数だけ役者の道を広げるのである。 それはこれからも広がっていくことだろう。 今までジョニーを個性派としか見ていなかったけれど、個性派という味を残しつつ役者に深みを注いでいく一つに絞られることのない役者であると思うのだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-11-11 16:35 | ハリウッドスター

ブルース・ウィルス

d0058606_0595248.jpg
 「ダイハード」シリーズのジョン・マックレーン役がとても忘れがたい。 いつも一人で敵たちと渡り合い,体当たりで事件を解決するというはちゃめちゃ刑事という憎めないキャラクターである。 そんな「ダイハード」シリーズも続編の話が持ち上がっており,ファンに待ちきれない企画である。 しばらくの間、アクション・スターとして頭に定着していたのだが、彼の作品を見ていると実に様々なジャンルが見受けられる。 ドラマやブラックコメディ、さらにミステリーであったりとか。 あるときは温かい父親であったり、またあるときは悪者であったりなどいろいろ。 「アルマゲドン」での感動は今もなお心に残り,生き続けている。 SF感動ドラマといったところだろうか。 ウィルスを語る上で「ダイハード」、「アルマゲドン」は外せない。 
 映画の中で敵をにらむ“あの”するどい視線や、そして低めでボソっとした渋い声といったところが惹かれるのだ。 最近、ウィルスがかっこいい!! 「隣のヒットマン」あたりくらいだろうか、それとももう少し前か後か、無鉄砲なはちゃめちゃ刑事や温かい人物の約のイメージから魅力のあふれる悪役まで幅を広げられたのは。 スキンヘッドというカタチにはかなり驚きを感じたが“いぶし銀”(?)という感じであった。 あともう一つ少し驚いたのが「オーシャンズ12」であっただろうか、カメオ出演をされていたこと。 少しの出演時間ではあるものの,かなりの存在感があって(確か本人として出演)威厳を感じた。
 (彼が)比較的口数が少ないけれどクールな男を演じた「ラッキナンバー・スレヴィン」はぜひとも見ていただきたい(これはジョシュ・ハートネットとの共演作で、さらにモーガン・フリーマンなど名優も脇をかためているのだ)、そしてウィルスの渋さを見ていただきたい。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-10-23 01:36 | ハリウッドスター

ヒュー・ジャックマン

d0058606_2241048.jpg
 意外(っといったらなんかもしれないけれど)にもジャックマンが一躍有名になったのはそれほど昔のことではなかった。 「X-MEN」である。 「X-MEN」シリーズはなんとすでに6年の歴史が流れている。 個人的に言わせていただけばジャックマンと聞いて「X-MEN」を抜きにして考えると「ヴァンヘルシング」や「ニューヨークの恋人」を思い浮かべられるのだ。 しかもこの二作品では彼のキャラクターというものが全然違うもので、さらに「X-MEN」を入れると3タイプに分類できる。 とはいえ「ヴァンヘルシング」と「X-MEN」では少し近いものがあると思う。 この3タイプ、分けるとしたらこうだ。 まず「ニューヨークの恋人」は紳士で優しさあふれ,さらに上品さがある(貴族の役なだけにというのもあるが)、次に「ヴァンヘルシング」であるが、ワイルドさとセクシーさはあるもののそこに上品さ、つまり紳士な部分も見れるので言うなれば「ニューヨークの恋人」と「X-MEN」との中間色といったところ。 さらに「X-MEN」はワイルド&セクシーそのものである。 この三つに共通していえるのはいずれも目に力があるということ。 優しい目だったり、力強さ感じるものだったりとかとにかく目が残るのだ。 たいてい、仕事と普段では人は違うようにみえるもの、役者ももちろんそうで 役に入っているときとそうでないときとの表情から顔の印象まで違うのである。 違うとはいえ、そんな差がない人の方が多いように思えるのが表情とそこから見える印象。 ジョニー(・デップ)もオンとオフ(映画の中と普段)が同じようで全然違うイメージに思えるのだが、ジャックマンもその例にそっている。 オンのときは目力が強く,それは目が若干血走っていると思われるほどのものでそこがワイルドさの一部であるように感じる。
一方,オフはどこをとっても癒し系というか人懐っこさというものを見て取れるわけで、最近では新しい魅力に満ちている。 まるで雑誌モデルかのようなかっこよさ、セクシーさがありほどよくワイルドさもあってさらに髭がその三点を引き立てているよう。 ルックスのだけではなく、その言葉遣いというか彼の言葉の流れのよさと音じたい、もちろん発声の仕方もまた耳に残る。
印象に残るセリフは(前にも話題に触れたけれど)「ニューヨークの恋人」のレオポルドのセリフにある「Give me your hands」。 
 驚いたことが一つある、それはだいたい6歳になる子供がいるということ。 ということは「X-MEN」シリーズとともに成長してきたということになるではないか。 そして今,ヒュー・ジャックマンの活躍の場は広い。 これからの出演作がとても楽しみである。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-10-07 23:24 | ハリウッドスター

イアン・マッケラン

d0058606_23174217.jpg
 イアン・マッケランと言えば個人的には「ロード・オブ・ザ・リング」の“白の魔法使い”ことガンダルフである。 ガンダルフはフロドをはじめとする“指輪”を葬る旅の仲間を支え,見守る魔法使いで頼りがいがあって指導力もあり、そして仲間たちからの絶大の信頼を受ける存在。 フロドやその仲間たちをサポートし、導いていくというとても重要な役どころで、マッケランによる,そんな心優しいガンダルフに魅了された人も少なくないだろう。 最近では「ダ・ヴィンチコード」や「X-MEN」と活躍の場の多い名優。 悪役と味方役の二つをうまく使い分ける役者で、それゆえどちらの側も違和感なく演じる。 「こちらの方が...」ということはまずない。 どちらであっても確かな存在感を残すと同時に人を魅了する人物をうまくつくりあげるからである。 「X-MEN」では主人公たちとは敵対関係にある,どちらかというと敵役のようであるが、そのなんたるかをたどってみると悪賢い敵役ではない、むしろ善だろう。  そういった役柄も見事にやってのけてしまうという名演技、声の強さ加減というのも彼の演技力を物語っているようだ。
d0058606_2332498.jpg
 いずれにせよ、何かしら威厳のある人物をこなしているというわけである。 “Sir”の称号を持っているという普段の面から威厳があり,偉人といえよう。 素晴らしい名優であり、“Sir”の称号を持つジェントルマンでもある。 
 さてさてこの(↑)写真であるが、どうやら昔の,若き日の写真というわけである,この頃からすでに“英国紳士”の名にふさわしい男前な役者であったように思える。 実際そうだったかもわからないが。 「X-MEN」のマグニートーもかなりハマリ役であると思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-10-05 23:42 | ハリウッドスター

アントニオ・バンデラス

d0058606_1156731.jpg 
 情熱な役者さんといえばバンデラス!私だけでしょうか...名前を聞いて格闘家の名前あるいは顔を思い浮かべてしまうのは...。 それはさておき、最近はまっている役者さんがこの人! アントニオ・バンデラスである。 スパニッシュの彼はとても渋みとセクシーさを兼ね備えた役者である。 出演作と言えば「スパイ・キッズ」シリーズ、「レジェンド・オブ・メキシコ」、「ポワゾン」、「マスク・オブ・ゾロ」、「シュレック2」(声)などがある。 彼のかっこよさから見るベスト3としては「マスク・オブ・ゾロ」、「レジェンド・オブ・メキシコ」、「スパイ・キッズ」シリーズの順、おもしろい作品ベスト3は「スパイ・キッズ」、「マスク・オブ・ゾロ」、「シュレック2」の順である。
 1度きりだと思われていた「マスク・オブ・ゾロ」の続編ができるらしい。公開がいつかはわからないし、もっと先に見られるようになるのだろう。 しかし この続編は見逃せない! 前作では名優アンソニー・ホプキンスや、キャサリン・ゼタ・ジョーンズとの共演だったが、続編では果たしてどうなるのか?! 気になるところである。
 バンデラスのヘアースタイルはいつもとてもきまっており、「ポワゾン」などで見られる,オールバックで毛先にウェーブがかかったカタチ、そして「シュレック2」のPRのときかなんかで見受けられた髪全体にウェーブ?がかかっているカタチがかっこいい。 あまり彼が髭をはやしているところは見たことがないのだが、「スパイ・キッズ」シリーズで見られる髭をたくわえ、オールバックのヘアースタイルというカタチもはずせない(父親役があうことといったら!)。 
 一方、声優としても中々味のある演技を見せている。先も述べたように「シュレック2」である。この映画は字幕版、日本語版の両方を見た。 「シュレック2」の感想は後にのせようと思います。
  
[PR]

by jd69sparrow | 2005-12-16 10:55 | ハリウッドスター

ヒュー・グラント

d0058606_18114968.jpg
 最近、注目している俳優さん。 ヒューを知ったのは「ノッティングヒルの恋人 」から。 それ以来、「ブリジット・ジョーンズの日記 」シリーズであったりとか、「ラブ・アクチュアリ 」やもちろん先にも書いた,「ノッティングヒルの恋人 」も今までに拝見し、「アバウト・ア・ボーイ 」も見た。 ヒューの出演する作品はどれも素敵であり、恋愛モノに興味がある人には必見な作品である。
 ヒューの演技はとても自然体で、控えめな心優しい人から, 女好きの男性にいたるまで見事にこなせるのはやっぱりすごい!!  甘いマスクに、セクシーな色男の役がとてもよく似合う。
特に彼の出ている作品で好きなものは、なんと言ってもブリジット・ジョーンズの日記です☆ 一番自分が知っているヒューの作品の中でおもしろいと思ったからであるし、それにコリン・ファースとのコンビがさらにおもしろかったからでもある。 まだまだたくさんヒューの出演している作品は見ていないものがあるので、すぐにでも見たい。 「フォーウェディング」など。

 
[PR]

by jd69sparrow | 2005-10-05 01:03 | ハリウッドスター

久々の来日v

d0058606_20322137.jpg
 10年ぶりに来日したジョニ-。 どれだけ望んできたことでしょう!! 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編の撮影中のため かっこいい髭をたくわえたジョニ-v いつになくかっこよくてオシャレである。この画像だとサングラスをかけていますが各メディアでインタビューを受けている際は黒ぶちのオシャレメガネ(サングラス?)かけていて かっこいいような可愛いようなvV 優しさオーラを放つ彼の姿には善き父親としての部分が見受けられました。 インタビューでは常に落ち着いているジョニ-、ウィリー・ウォンカのヘアスタイルについて話題が出てきたときの本人の反応もおもしろかったです。 娘さんと息子さんを見てみたいなぁと思いました。
 やはり髭をたくわえ 短髪なジョニ-がわたし的に好きです☆ 次はそう遠くないうちに来日して欲しいと願うばかりです。
 となりにいるフレディー・ハイモア君がまた めっさ可愛いデス!! これからのハイモア君の活躍に期待がかかると思います。


 
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-14 16:28 | ハリウッドスター

artist&actor

d0058606_11211776.jpg
 アーティストであり、俳優でもあるウィル(・スミス)に最近はまっています。 俳優としてもアーティストとしても幅広く活躍しているし、スクリーンの中でも普段もとてもおもしろいところが好きです。 わたし的に「アイ,ロボット」 の時のウィルが一番良いと思います。(めちゃめちゃマッチョでかっこいいです。) 髭もかなり似合っていてかっこいいです。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-20 18:02 | ハリウッドスター