カテゴリ:日本の役者( 14 )

升 毅

d0058606_8304534.jpg
 まず思うのはこの役者さんの名前の読み方。 最初はなぜか「ベンケイさん」だと思っていたが、正確な読みは「マス・タケシ」だそうです。 この方を知ったのは「ショムニFINAL」の頃で前髪?がちょこんと出ているのがトレードマークの社長さん役で、普段はびしっときめているが“ショムニ”のかな(?)さんに弱かったりとか、中々意外な点が多い役柄だった。 そしてさらに高橋 克実さんが演じていた人事の課長(?)の腰ぎんちゃくを演じていた(名前は思い出せないが)役者さんがいたので、はじめ見たときはその人こそが“升 毅”さんだと思っていた。 というので本当の“升 毅さん”がその一見変わった名前であると思わなかったからだ。
 ダンディな役者さんの一人であり、この方もまたテレビにはめったに顔見せることもないし、声が渋くてかっこいい(ルックスも)。
 最初の「ショムニ FINAL」でのイメージが強かったのでその後の彼の演じる役柄には驚くばかりだった。 「踊る」シリーズではそのイメージは変わることはなかったが、香取 慎吾さん主演映画「NIN×NIN」(「忍者ハットリくん」)での悪役や、現在放送中のNHKの“朝の連続テレビ小説「風のハルカ」での主人公ハルカの叔父の役は今までの升さんのイメージを(私の中で)がらっと変えさせた。 しかし 決して悪いイメージではなく,どちらかというと良いイメージである。「風のハルカ」では方言をつかい、人間味あふれる明るくはじけた役柄なのだ。 見ていてとても温かくなる。 ヘアースタイルにも注目。 やはり常にオールバック。 これは彼のこだわりなのだろうか? オールバックだったり、変わった髪型の人は髪をおろしたり 水につけるとけっこうかっこよかったりして 「こっちのほうがいけるのでは?」と思うのだ。 升さんはどっちもいけるという方向で。 とても若わかしい方である。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-12-20 09:02 | 日本の役者

中井 貴一

d0058606_11563576.jpg 
 日本の名優ではこの人があげないわけにはいかない。 中井 貴一さん。バラエティ番組をはじめとするドラマ以外の番組でめったに顔を見せない彼だが唯一見ることができるとしたらクレジットカードとジャムのCM。 しかも長い間、おのおののCMの顔なのだ。 私的には前者のCMが好きだ、というのはマスコットキャラクターとのトリオがいたについているからである。 カッパとタヌキ。 知る限りでは日曜のお昼に放送される長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」が放送される頃見ることができる。 中井 貴一さんの行く旅先には必ずカッパとタヌキがついてくる。 記憶が正しければ 浴衣を着た中井さんと、2匹が温泉街とおぼしきとおりを歩いているもの,旅館で卓球をしている1人と2匹,そして現在放送中の海のあるリゾート地に一人でやってきた(と思っている)中井さんが「いいなぁ、1人旅は…!」と言っている影から2匹がこっそり様子をうかがっているCM。 現在放送中のこのCMが一番おもしろいのではないかと思っている。
 そしてもうひとつ、シンゴちゃん(香取 慎吾さん)がMC?をつとめる番組で出演されたことも記憶に新しい。 確か、三島 由紀夫さんの特集だったと思う。 真剣にシンゴちゃんと語らう中井さんの様子がまぶしかった、というか大物な役者オーラがただよっていたようだ。
 もちろん 役者としての中井さんもとても魅力がある。 現在ではNHKで放送中の人気大河ドラマ「義経」で義経の兄役として活躍中である(とはいうものの「義経」は見ていないです、汗。)
 どちらかというと時代劇での活躍が多い中井さん。 これも確かではないのだが前々回の大河ドラマ「武蔵-MISASHI-」で柳生家の長男?役を演じていたかと思われる。 映画で見たことがあるのが「陰陽師」の続編。 八岐大蛇(のような大蛇)をテーマのひとつにあり、ドラマ「ウォーターボーイズ2」の市原 隼人さんが出演されてるものだった。
 これらを見てわかるように中井さんは悪役として出演されることが多い。 いいかたがよくないかもしれないが、悪役がとても合う人なのだ。 というか悪役を演じているところしか見たことがないというわけで...(汗) 悪役でありながらそこには惹かれるものが多く、そんな彼に興味を抱く,あるいは惹かれる人も多いことだろう。
 声も渋い中井さん。 必ずしもそうであると断言はできないが テレビに(トーク番組をふくむ)めったに出なかったり、現代劇も時代劇もこなせる役者さんほど素晴らしい。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-12-15 15:33 | 日本の役者

佐藤 浩市

d0058606_11315693.jpg
 日本で今、実力派の一人をあげるとしたら、まずこの役者さんが頭の中に思い浮かべる。佐藤 浩市さんだ。 映画、ドラマ、コマーシャルと幅の広い活躍を見せている彼は側にいるだけで役者としてのオーラが強いとのウワサ。 そしてかっこいいw かっこいいと言っても外面からも内面からもその魅力が発揮されているようだ。
 コマーシャルといえば、某・ビールコマーシャルである。 これにはいろんなバージョンがあるのは、(多くの方が)ご存知でしょう。 役者としての佐藤さんしか知らなかった人としては嬉しさと驚きが入り混じった気分になるのではないだろうか。 2枚目な彼はめったに表に出てこないし、ましてやこんなにはじけた顔は見せなかったのだから。 そのコマーシャルでの佐藤さんはちょっとお茶目な大人というイメージで、今までにはないものだったのだ。 こうして映画やドラマと角度変えて見れることでさらに興味をひかれる。
 一年か数年前、ハリウッドでアカデミー賞授賞式があるように 日本でも“日本アカデミー賞授賞式”があったので後半のほうからだけど見た。 その時は中井貴一さん(大河ドラマ「義経」)とともに「壬生義士伝」の共演者どうしで出演されており、その映画で受賞されていた(中井さんが最優秀男優賞を受賞されていたような)ときに見せた顔は熱い人だなと感じさせられた。 涙もろいのかとも一瞬思った。
 佐藤さんの出演作と言えば、ドラマだと「新選組!」(の芹沢 鴨役)や月9で放送されていた,「プライド」、映画で言えば「海猫」や「亡国のイージス」である。 映画ではまだ見たことがないがドラマでは何度か見たことがある。 「新選組!」では暴れん坊武士、「プライド」では熱い想いを胸に秘めた鬼コーチ。 どちらにしても彼の迫力演技に釘付けだった。 「新選組!」では人柄としてはあまりよろしくないが、“おいしい(姉貴肌ならぬ兄貴肌な)人物”、決して憎めない存在。 一方、「プライド」では多く感動させられた。 力強さを多く感じ、感情表現がとても素晴らしい役者さんだ!!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-11-16 01:54 | 日本の役者

谷原 章介

d0058606_21185269.jpg
 谷原 章介さんと言って思い出すのが、昨年の香取 慎吾さん主演の大河ドラマ「新選組!」の伊東 甲子太郎役を思い出す。 それ以前は現代モノでの印象が強く、私の記憶では月9ドラマ「プライド」や、火曜(?)ドラマ「ワンダフルライフ」を覚えている。今年のはじめ頃には「ごくせん」の2005年版で、九條先生役を演じている、彼にはこのような爽やかな役が合うと思った(谷原さんが出演した中で「新選組!」の伊東 甲子太郎役と「ごくせん」の九條先生役が好きだ)。そして今秋から放送開始の「大奥」の将軍・徳川 綱吉役である。
 最近では時代劇でも活躍している(どの役もめっちゃかっこいいw)。 ドラマだけでなく,コマーシャルやナビゲーターなどの仕事もこなすのはやはりすごい! 
 普段からスーツとか、清楚な服のイメージがあったのだが、この間バライティ番組にゲスト出演していた時は、そのイメージと打って変わってカジュアルというかスポーティなファッションに身をつつめていたのを見た☆ 想像とのギャップがたまらなかった(≧Д≦)ノ
[PR]

by jd69sparrow | 2005-10-09 00:40 | 日本の役者