カテゴリ:インフォメーション( 47 )

シュレック フォーエバー@注目映画。

d0058606_21551039.jpg

シュレックも今回で見納め。

四作目かな?

今回のシュレックは、なんか違う。


フィオナ姫と結婚した,

シュレックはその豪華な生活に飽きていた。

怪物ライフに戻りたいと切望していたときに怪しげな男が

契約書にサインすれば…と近寄ってくる。

署名をしたシュレックが

見た世界は、今までの世界のようで

何かがオカシイ世界だった。


…ってな感じです。

パロディが見所の一つである本作。

吹替え版に、今回新たに

劇団ひとりが参入。


なんだか…

結構はまってるかも?


※公開は12月18日(土)より。


▼公式サイト(コピペ用)▼
http://www.shrek-forever.jp/
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-15 22:01 | インフォメーション

トロン:レガシー 3D@注目映画。

d0058606_214563.jpg


『トロン』といえば、

ずいぶん前に一度映画化されている。


私が知ったのは

『キングダム・ハーツ2』で登場したトロン。

いくつかあるディズニーの名作のキャラとその作品を

舞台にした世界(ステージ)。


3Dを駆使した映像美とエンタテインメント性に,

期待大。

コマーシャルにあった,

レーサーっぽい人が

花火をバックにステージに登場する場面が

印象深く、私は『GOEMON』を

連想した。


▼公式サイト(コピペ用)▼
http://www.disney.co.jp/tron/

※公開は12月17日(金)より。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-15 21:52 | インフォメーション

ロビン・フッド @ 注目映画。



歴史的な人物として、

また歴史上のヒーローとして

先頭を切った人物と言えるであろう,

英雄ロビン・フッド。


ラッセル・クロウとリドリー・スコットの

名コンビの復活。


最近、このような映画はなく、

ちょっと久々かな?


この二人のタッグは

“何か”を残す。

記憶に大きく刻まれる,大作になると思われる。


▼公式サイト(コピペ用)▼
http://robinhood-movie.jp/


※公開は12月10日(金)より。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-15 21:39 | インフォメーション

劇場版BLEACH 地獄篇 @注目映画。

最近毎週欠かさず見ている、『BLEACH』。

その劇場版である。


地獄に向かう主人公たち。

そこでのフォロウ化(魂の抜け殻?)は、

危険がともなう。

なぜなら、死神に戻れない恐れがあるからだ。

主人公はその危険の伴う道へと歩む事になる…という話で。


今までのアランカルも出る模様。


公開が近いだけに

待ち遠しい。


▼公式サイト(コピペ用)▼
http://www.tv-tokyo.co.jp/bleach/


※公開は、12月4日(土)より。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-15 21:30 | インフォメーション

GAMER @ 注目映画☆

d0058606_21262952.jpg


久々のジェリーこと,ジェラルド・バトラーの

最新作!!

SFというジャンルではかなりの久しぶり。

『タイムライン』以来?


牢獄に葬られた,囚人が

自由を手にするのには“ゲーム”に勝ち抜く事。

無罪で刑務所に送還された,主人公は愛する家族との再会のため,

ゲームに挑む。

…という話らしい。

これは、ビジュアル的にもストーリー的にも楽しみだね。


公開は、12月3日(金)より。


▼公式ホームページ URL(コピペ用)▼
http://gamer-movie.tv/
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-15 21:26 | インフォメーション

a happy new year


だいぶ遅くなりましたが、

皆様、

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

こちらでの日記は


おろそかになりがちですが、

ゆっくりと

更新していけたらと思っております。

かなりマイペースな

私ですが

どうか温かく見守っていただけたら

幸いです。


映画はとても頻繁に見ております。

『ティンカーベル』、

『地球が静止する日』、

『怪人二十面相・伝』

などなど…

三つともオススメですので

ぜひ!


注目は

『ターミネーター4』

『ベンジャミン・バトン』

『マンマ・ミーア』

『20世紀少年 第二章』

…etc


映画ではありませんが、

『ウィキッド』と『キャッツ』を今月

見に行く予定です。

その際は

ブログに更新しようと思います。


今年は昨年から続く不況で

大変な年になるかもしれませんが、

皆様にとって良き,一年に

なるよう心よりお祈りします。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-01-03 11:36 | インフォメーション

映画ブログ第2号開設!!

この度は現在更新中の当ブログの分身を開設することになりました。

とは言っても内容はほぼ同じものにする予定です(※できれば内容にプラスアルファできたらなぁと)。

というのもアフィリエイトの機能の関係上でもう一つブログを増やそうと思ったからです。

尚、タイトルはまだ正式には決定していないので仮題ですが映画ブログ2号です↓↓

Cinema de brunch(仮)
[PR]

by jd69sparrow | 2007-06-29 23:08 | インフォメーション

2周年。

 そういえば(←おい)、このブログも今年で二年目を迎えました(本当は二週間前で)。 これもここへ遊びに来てくださる方々のおかげです。 今年はちょっと忙しいこともしばしばなので更新もコメントやトラックバックのお返しも遅れてしまいがちになってしまうことをあらかじめお詫び申し上げます(前も同じことを言ってたような…汗)。 これからもじゃんじゃん映画見ていけたらなぁと思います。 たまに映画から話題それるやもしれませんが(^^;; 
 最後にいつもここに足を運んできてくださる方、誠にありがとうございます!! 感謝感謝です☆ 三年、五年、・・・と長く続けていけるよう頑張ります♪♪
[PR]

by jd69sparrow | 2007-06-11 01:03 | インフォメーション

注目映画。

1.「スウィーニートッド」
d0058606_02499.jpg
 「チャーリーとチョコレート工場」以来のジョニー・デップとティム・バートンのコンビによる新作。 ミュージカルからの映画化でスリラーもののようだ。 部分的に白髪なヘアースタイルで色白なジョニー。 ルックスとしてはなんとなくブラック・ジャックを連想させる(「ブラック・ジャック」をハリウッド版でリメイクしたら合いそうな気がする)。 系統としては「スリーピーホロウ」的になるのではという話がある。 なんとなく恐そうな感じがするのだが、個人的にはバートン風味でどちらかというとダークな雰囲気でどこかおとぎ話チックなイメージである。公開は08年。

→ 関連情報は こちら (※海外サイト)

2.「ラッシュアワー3」
d0058606_21301148.jpg
 ついに待望のシリーズ第三弾! 久々のジャッキー・チェーンらしいコメディアクションだろうか。 今回は日本から真田広之も参戦しているらしい。 ジャッキーのアクションと言えばその場にあるものを巧みに使い敵に立ち向かい,そのアクションシーンも自らが挑戦することが多い。 かっこいいアクションの合間にコメディもはさみながら観る者を楽しませてくれる。 クリス・タッカーとのコンビも漫才のようでもあり最高だ。 ジャッキーとクリス・タッカーとのコンビは「ラッシュ・アワー」以前に「ジャッキー・チェン -ドラゴンへの道-」で実現しているとか。 監督は「X-MENファイナルデシジョン」が記憶に新しく,前二作に引き続きブレット・ラトナー。 公開は秋。

→ 関連情報は こちら

3.「西遊記」
d0058606_23153174.jpg
 ドラマから映画へ。 香取慎吾主演で「NIN×NIN」に続く漫画的キャラクターが魅力の一つの「西遊記」。 孫悟空の目の前に新しい強敵金閣・銀閣が登場。 (これまでもそうだったかもしれないけれど)一度四人が揃うと漫才が始まりそうなにぎやかでおもしろい主要人物たち、三蔵法師、猪八戒、沙悟浄、そして孫悟空。 
公開は7月14日。

→ 公式サイトは こちら

4.「ミス・ポター」
d0058606_21263433.jpg
 ピーターラビットの生みの親,ビクトリアス・ポターにまつわる物語。 レ二ー・ゼルウィガー、ユアン・マグレガー共演。 作家の半生を描くものといえば「ネバーランド」を思い出す。 色鉛筆の淡い色で彩られたような世界観が味わえるのではないかと思う。 ピーター・ラビットのシリーズと言えば他にはベンジャミン・バニーの物語などがある。 子どもの頃に読まれた方というのも多いはず。 イギリス生まれのピーター・ラビット。 日本でも愛され続けている「ピーター・ラビット」の物語を書いた人というのはどんな人生を歩んできたのか。 9月に公開である。

→ 関連情報は こちら

5.「スキヤキ・ウエスタンジャンゴ」
d0058606_23155718.jpg
 源氏と平家の物語だがその名のとおりウエスタン風にしかも全編英語と和と洋の融合・調和である。 伊藤英明や伊勢谷友介、佐藤浩市、そして桃井かおりなど豪華なキャスティングだ。 映画の作り手の中でも曲者なクエンティン・タランティーノの出演も気になるところだし、クセのある俳優としては香川照之がいる。日本の風景をバックに西部劇な物語、日本映画で日本の俳優たち,でも話すのは英語。 この異色で奇抜な構成でできた映画、これも期待大である。 予告編に既に登場。 桃井かおりのクセのある英語のイントネーションが印象的。 公開は9月。

→ 公式サイトは こちら

6.「GOAL!2」
d0058606_2233377.jpg
 シリーズ三部作のうち第二作目。 ロスからやってきたサンティアゴが再びピッチを駆け抜ける。 サッカーの歴史は古くは古代ギリシャまでさかのぼるとか。 もともと闘志に燃える人々による死傷者がでるほどの熱い戦いだったようだ。 それだけに熱き男たちの戦いが繰り広げられることだろう。 ベッカム選手をはじめとするサッカー界の貴公子たちの出演も楽しみだ。 今回は彼らが主人公のチームメイトとして登場。 公開は5月26日である。

→ 公式サイトは こちら


7.「スピンオフ“L”(仮題)
 2006年 公開した「デスノート前編・後編」。 そのスピンオフとなるのが主人公夜神月のライバル“L”を主人公にした物語である。 Lは松山ケンイチ、監督は「リング」シリーズの中田秀夫監督。 撮影が夏に控えており,公開されるのが2008年になるとか。 詳しい内容はまだわからないがこれからどんな作品に大いに楽しみである。 アクションがまた見所になるもよう。

→ 公式サイトは こちら


※映画冊子参考。
[PR]

by jd69sparrow | 2007-05-22 23:22 | インフォメーション

注目映画。

1.「300」
d0058606_13465832.jpg
 独特な世界観、斬新なストーリー,一度見たら目に焼き付けられるようなビジュアルの施された「シン・シティ」。 その原作を手がけたフランク・ミラーによる作品の映画化。 「オペラ座の怪人」、「Dearフランキー」のジェラルド・バトラーがスパルタの王を演じる歴史スペクタクルである。 その他の出演陣には「ヴァン・ヘルシング」、「ロード・オブ・ザ・リング」のデヴィット・ウェハムなどがいる。 映画を彩る色彩がセピアとカラーとを融合されたかのよう。 古代ギリシャ,スパルタ王・レオニダスがペルシャ軍の圧倒的な戦力の前に少数の兵で挑むという内容。 

2.「イリュージョンVS」
d0058606_14444415.jpg 
 ヒュー・ジャックマン(X-MENファイナルデシジョン)、クリスチャン・ベール(ニューワールド)の共演の,その名の通り「奇術」の映画。 スカーレット・ヨハソン(アイランド)、マイケル・ケイン(奥様は魔女)、アンディ・サーキス(ロード・オブ・ザ・リング王の帰還)などバラエティに富んだ出演陣にも注目。 そしてメガホンを取るのは「バッドマンビギンズ」でベールと組んだクリストファー・ノーランである。 原作はクリストファー・プリーストの「奇術師」、二人の奇術師が己の力を争うといった感じの内容のようである。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-03-02 15:23 | インフォメーション