カテゴリ:インフォメーション( 47 )

クールな男たち

 クールでかっこいい男たちの映画を二本紹介したいと思う。 「ラッキナンバー7」と「ディパーテッド」である。

d0058606_044538.jpg
ラッキナンバー7(原題「lucky number slevin」)
 2007年、つい先日公開された映画「ラッキーナンパー7」。 これはジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレー、ルーシー・リュー共演のサスペンスである。 意表をつく物語の結末にご注目。 最後でくつがえされるのだ。 真実は最後に衝撃として明らかにされる。 第一印象ではわからない、中々真なる道筋が読めない作品自体もクールで斬新である。(以前の記事lucky number slevin」)

d0058606_042149.jpg
ディパーテッド(英題「the departed」)
 香港発の映画「インファナル・アフェア」のリメイク版。 監督がマーティン・スコセッシ、主演の二人がレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンで共演にはジャック・ニコルソンなどといった顔ぶれである。 ディカプリオとデイモンのまさに競演、どちらも裏を持ってそれぞれがお互いにとって敵地である場所へ潜り込むクールなスパイといったところだろう。 ジャック・ニコルソンの頭のきれる悪役っぷりも期待期待ができそうだ。 公開は2007年1月20日である。
 関連記事:「インファナル・アフェア」
      「インファナル・アフェア 無間序曲」
      「インファナル・アフェア 終極無間」

 設定こそ違うけれどこの2作品には共通点がいくつかあるように思える。 それは物語の道筋の立て方や出てくる人物のかっこよさや頭脳の高さなどである。 
[PR]

by jd69sparrow | 2007-01-14 02:21 | インフォメーション

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストDVD発売!

d0058606_213263.jpg
 2006年12月6日! 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」DVD発売です。発売日の今日、予約したDVDを取りに行きました。 今回も特典映像満載のようなので期待度大。 初回特典もついています。 本編、特典映像もとても楽しみです♪♪ 第二作目を見ると次回作が待ちきれなくなること間違いなしでしょう。 第一作目からの「カリブの海賊」の世界を受け継ぎつつも新しさも多くあり、物語が大きく開き始める兆しの見れることと思います。 今回も最後の最後まで見逃せません!!!!!!!
 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-12-06 21:48 | インフォメーション

最近の映画について思うこと。

最近の映画で思うのは、芸術にちなんだ、あるいは西洋文化が強く映画が豊富である。それは「ダ・ヴィンチコード」を皮きりに始まったように思う、いやそれ以前かもしれない。近年では「オペラ座の怪人」が公開され、それはミュージカルとなり公演されている。秋から冬に変わる今、「敬愛なるベートーヴェン」などの映画が見られる。         また、日本映画もバライティに富んでいる。漫画が映像化され、小説が劇場化され内容も充実している。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-11-18 10:07 | インフォメーション

注目映画3本~その2~

d0058606_1851446.jpg
1.「マリー・アントワネット
  祖国を離れフランスへと移り、幼くして王妃になったマリー・アントワネット。 波乱万丈な彼女の生涯を描いた作品。 マリー・アントワネットは37年間という短い一生を終えるわけだが、果たして彼女は何を思いどうその短い生涯を生きてきたのか。 彼女は王妃として堂々した人生を送りながらも彼女の“命の花”ははかなくも散ってしまう。 マリー・アントワネットを演じるのは「スパイダーマン」シリーズをはじめとする数々の映画に出演し、活躍中のキルスティン・ダンスト、そしてメガホンをとるのが「ロスト・イン・トランスレーション」で外から見た日本の姿を描いたソフィア・コッポラである。  公開は2007年1月20日より。

d0058606_18332468.jpg
2.「敬愛なるベートーヴェン
 「運命」などといった躍動感や迫力な音楽を生み出した音楽史上偉大で有名な作曲家ベートーヴェン。 彼の晩年を描き、さらに彼が唯一認めた作曲家であるアンナとの物語である。 孤独であった彼を支えた存在。アンナはベートーヴェンの残した「第九」の作曲を支えた人物。 耳が不自由であることに恐れをいだきながらも彼は舞台へ上がりタクトを振る。 そんな彼の姿はどう見えるのだろうか。 ベートーヴェンを「ビューティフル・マインド」のエド・ハリス、ベートーヴェンを支えた人物アンナを「トロイ」のダイアン・クルーガーが演じる。公開は2006年12月9日より。

d0058606_1835063.jpg
3.「007/カジノロワイヤル
 今までにショーン・コネリー,ピアース・ブロスナンたちに受け継がれてきたボンド伝説が新たなボンド、ダニエル・クレイグ(「ミュンヘン」)に受け継がれた。英国のスパイの地位を持つジェームズ・ボンドは新しい任務,国際的な悪の組織をこらしめ 彼らのもくろむ計画を阻止するために立ち上がる。 ガン・アクションといったアクションやボンドの華麗なるテクニックがいかなるものか注目である。 共演は「キングダム・オブ・ヘブン」のエヴァ・グリーンや、「プライドと偏見」のジュディ・デンチである。 公開は2006年12月1日より。
 

公式サイト「マリー・アントワネット」
         「敬愛なるベートーヴェン」
         「007/カジノロワイヤル」
[PR]

by jd69sparrow | 2006-11-14 18:34 | インフォメーション

今月の注目映画三本。

d0058606_23483050.jpg
 1.「犬神家の一族
  横溝正史原作「金田一耕助シリーズ」の中でも有名な「犬神家の一族」が映画で再び帰って来た。 映画版はさることながらドラマ版でも数多くの役者により映像化されてきたのである。 稲垣吾郎版「金田一耕助シリーズ」が記憶に新しいところ。 他にもTVコマーシャルとのことだが田辺誠一版もあり。 今回の映画版「犬神家の一族」では過去にも「金田一耕助シリーズ」にて主演経験のある石坂浩二が今回再び名探偵・金田一耕助を演じる。 犬神家に起こる惨劇がスクリーンでよみがえる。 公開は12月16日である。

d0058606_004032.jpg
 2.「大奥
  時代は男により作られたと言うが実は表舞台に出る男たちを支えていたのは女たちで、彼女たちの支えなしではこの世の中は果たしてあっただろうか。 表面こそ男たちが国の政権を,未来をにぎっていたようであるが、実質それを動かしていたのは女たちであったのではと思う。 七代将軍・家継の時代を舞台に大奥という名の“女の牢獄”で女たちのバトルが繰り広げられるとというもの。 ドラマからついに映画化。 主演は「功名が辻」で山内一豊の妻・千代を演じる仲間由紀恵。 公開は12月26日。

d0058606_0124476.jpg
 3.「NANA2
  2005年9月、人気をはくした実写版,映画「NANA」の続編プロジェクトが遂に始動!! 主人公ハチが宮崎あおいから市川由衣に交代するなど多少のキャスト入れ替えがあるわけだが「NANA2」公開に向けて製作がスタートとのこと。 もちろん中島美嘉、玉山鉄二、丸山智己、成宮寛貴など前回出演したキャストたちの再結集もある。二人のナナの物語の続きがつづられる。 劇場化されてからテレビアニメーション化もなり,ますます「NANA」の人気が高まっていく。 ななのあの歌声もまた楽しみである。 公開日時は未定。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-10-10 00:26 | インフォメーション

アテンション。

 最近国内,国外の両方からのスパム系のトラックバックが大変増加しており、また当ブログの内容と異なるサイトさんからのトラックバックも増加しているのです。 そういったアクセスはかたくお断りします。そのようなものがあったら,またこちらでそう判断した場合、勝手ながら削除させていただきますのでご了承くださいませ。  また、宣伝などといったものもその対象にいたしますのであしからず。 キーワードなどの関係で当ブログへのトラックバック・コメントできない場合もあるのでご承知くださるようお願いしたいと思います。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-10-09 13:44 | インフォメーション

★☆アメリカ・レポート☆★

 三週間のアメリカへの旅が終わりましたのでここでお土産がわりにカリフォルニアにあるサンフランシスコをはじめとする街並みをご紹介したいと思います。

d0058606_13325140.jpg
 ゴールデン・ゲイト・ブリッジです。記憶が定かではないのですが、一番高くなっている柱の部分の高さが20メートルくらいで、橋の長さは数千メートルくらいだと思われます。天気はあまりよくないですが海が蒼くてきれいです。 蒼い海にかかるゴールデン・ゲイト・ブリッジ、ヨットとなかなか絵になる光景が見れました。 アルカトラズという昔,刑務所で今では観光スポットとなっている島も遠目で見れます。 ちなみにアルカトラズ島へはフィッシャーマンズ・ウォーフから船が出ていてけっこう人気のようです。

d0058606_1343889.jpg
 カリフォルニアのオークランドにあるオリンダという町です。 主にこのあたりに滞在していました。 山のようなところもあり、わりと静かな町です。日本で言う東京の下町といったところで、緑もおおくとても落ち着ける場所です。 サンフランシスコへもさほど遠くないところにあります。

d0058606_13463724.jpg 
 サンフランシスコの町にはビクトリア様式の家がまだ多く残されており、一つ一つがとてもつくりがこっています。海外ドラマ「フルハウス」で見られる感じの家々がたくさんです。 ただ最近では新しくこの様式の家が作られることがあまりないようです。一言にビクトリア様式といっても,色使いからカタチまでが全然違うものもあれば同じに近いものもあります。叶わずとも,いずれにしても一度は住んでみたいところです。

d0058606_13514873.jpg
 これはフィッシャーマンズ・ウォーフのショッピング・モールにあるチョコレートのお店です。ケーブルカーのチョコレートや、その場で食べれるチョコレートなど様々なチョコレートが店頭に並んでおり,買うのに迷ってしまいそうなくらいです。 フィッシャーマンズ・ウォーフに来たときにはぜひ行ってみてください。

d0058606_1358469.jpg
 オリンダの町から少し離れた場所で開催されたアート&ワインフェスティバルです。先日の記事に書きましたがいろいろな芸術やワインを多く見ることができます。フェスティバルの会場も屋外とあってとっても広いです。出店も多くでており,近くにあるお店ではセールがやっていたりとかとてもにぎやかでした。子供から大人まで楽しめるアメリカのお祭りで。 ロッククライミングなど,アウトドアの体験ができるブースもありました。 

d0058606_1433816.jpg
 オリンダから遠いところにあるウォルナッツ・クリーク(コンコードという町よりの)という町です。大きなデパートや、大きな服のお店など町全体がショッピング・モールのような場所です。ここはショッピング・モールのゲートです。

d0058606_1410242.jpg 
 これはクォーターのコイン・コレクションの一部です。 山脈の絵柄がコロラド、宇宙飛行士と地図があるのがオハイオ、F1の車のようなものある絵柄がインディアナ、湖と手前に背の高い木が書いてある絵柄がオレゴン、橋がある絵柄がウェスト・ヴァージニア、船の絵柄がヴァージニアのコインです。

d0058606_1419896.jpg
 ウォルナッツ・クリークにあるシーズ・キャンディーズというチョコレートなどが売られているお店で購入したハロウィンのチョコレートです。 お店じたいはこじんまりとしていますがとても美味しいチョコレートです。 今はハロウィンが近いのでハロウィンにちなんだチョコレートがたくさん売られており,どれもとても可愛いです。 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-26 14:23 | インフォメーション

帰国。

サンフランシスコより帰って参りました~ とても良い場所でした。
自然も建物もとてもきれいで、まだ見たりていない気がしてなりません。 この旅では
買い物ももちろんですが、ちょっとしたジェットコースター気分の味わえるケーブルカーに
乗ったり、映画を見たりとのんびりした毎日でした。

はまっていたのがクォーター(セント)のコイン集め。 コインの裏を見ると
州ごとに絵柄が違うのでそれをどうにしかしてコレクションしていました。オハイオ~ヴァージニア、フロリダなどかなりの量をゲッツしました。 中々おもしろいものです。 ちなみに鷲の柄は
一番古いもので、50セント(コイン)においてはほとんど出回っていないとか。 

アメリカに行って思ったのがやはり日本の物価の高さ。 アメリカでは高いものもあるけれど
基本的に普段よく使うものだとか全然安いのでびっくり。

また行けたらいつか行ってみたいものです。
向こうで見た映画や、この旅のことの記事は後々アップできたらと思います。

―アメリカ・レポートに書けなかったことを一つ。 
日本ではあるかどうかはわからないけれど、“アート&ワインフェステバル”なるものが
ありました。 “アート”とあって絵画などの芸術作品が数多く展示されていて
それにプラスしてアメリカンな縁日も見ることができました。 ワインの展示も目白押しでした。

 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-25 21:22 | インフォメーション

アメリカ生活③

 こんにちわ! アメリカ・レポート第三回目です!!
先日、サンフランシスコ見学に行ってまいりました。 ショッピングをしたり様々な
観光スポットに訪れました。 ゴールデン・ゲイトパークは世界で
一番大きい公園とのこと。綺麗な花々が咲いており、緑がとっても多いです。
近くにはビクトリア様式の家々がたくさんありました。 買うには○億円くらいかかるとか。
アメリカにはたくさんこういった古きよき時代の家々がたくさん残っていて、また
古い建物をリサイクルするという習慣があるそうです。 日本も最近、
このアイディアを実践し始めてるとかいないとか。

フィッシャーマンズ・ワーフにはあの有名なカニの看板やオブジェみたいなのがあったり
アシカがたくさん見ることもでき、アルカトラズ島に行く船も出ています。
ショッピングモールも最高です。チョコレート屋や、スポーツ用品などなどバラエティ
豊かです。 サンフランシスコお勧めスポットになります。

ケーブルカーにも乗りました。 日本ではあまり考えられないような
急な坂を上ったり下ったりします。 車窓から見る景色は最高です。

ユニオン・スクウェアというスポットでは有名ブランドがたくさんあり、また,わりと
安い値段で服が買うこともでき、日本にもあるバス・グッズの
お店もあります!!
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-16 07:45 | インフォメーション

アメリカ生活②

 こんにちわ、みなさま。 久々の更新です。 アメリカに来てから「ラブ・ジェニス」というサンフランシスコのミュージカルやサンフランスコのユニオン・スクウェアというところで買い物をしたりしました。 macy*sという日本でいうマルイのようなデパートを見てきました。 家具やwomens, mensの両方のおしゃれな服などいろいろです。

 また、アメリカの映画館で映画も見たのであとでアップできたらと思います。

 ちなみに、今週はサンフランシスコ・ツアーに行って参ります。 ケーブルカーなどサンフランシスコの有名どころを見れたらと思います。

 ではでは またできたら更新できたらと思います。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-09-12 07:38 | インフォメーション