<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ローレライ

d0058606_1372450.jpg
 友人に薦められて 春頃、見に行った。 薦められた映画は極力 見に行くあるいは見るようにしているというのもあるが、見る前からこの映画はすごい映画だろうと思っていたからというのも1つの理由である。  
そして この映画には様々なジャンルの役者さんや, 中にはアーティストの方々が出演している。 私は最初、「ローレライ」を知ったばかりの頃は 役所 公司さんと妻夫木 聡さんの2人しか知らなかった。 他の出演陣には、「踊る大捜査線」シリーズでおなじみであり、今年の8月
下旬には「容疑者 室井慎次」を控えている, 柳葉 敏郎さん、現在公開中の「フライ,ダディ,フライ」堤 真一さん、伊武 雅刀さん、上川 隆也さんがいる。 ヒロインを演じた香椎 由宇さんは年齢より大人っぽいし、船上で歌を歌うシーンがとても印象的。

原作者の福井 晴敏さんは今年の6月に公開された「戦国自衛隊1549」の原作も手がけているとのことです。 「戦国自衛隊1549」は見に行っていないのだが、「ローレライ」も「戦国自衛隊1549」もかなりスケールの大きい映画だと思う。 
この映画の舞台は今から50年以上前の第2次世界大戦, 末期の日本であり 海でのシーンが主である。 戦艦は海上と海中とを行き来できる潜水艦、大迫力で、しかも強力なのだ。 戦争ものならではの緊迫感はすごかった。
 役者さん一人一人の演技は とても熱意がこめられているのが 伝わってくる。 そして斬新。伊武さんの演技はとても個性的であり、声がとてもダンディであり,渋くもある。 
 主題歌やメインテーマ、ヒロインの歌う歌などといった私は好きだ。 そして 最後には感動が待っている。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-31 16:30 | 映画タイトル ら行

スピーシーズ2

d0058606_21575331.jpg 
 前作を見て、その続編があることを知り 今回 見るに至った。前回と違うのはスピーシーズは男女1人ずついて、そのうち女性(ナターシャ・ヘンストリッジ)のスピーシーズが今回は悪役ではないということ(前回は悪役だった)。
 宇宙飛行士達が火星に訪れた直後、謎の生命体・スピーシーズに襲われた。 彼らが地球に帰還した時、恐ろしい惨劇が始まるのだ。
 前回の第一作目「スピーシーズ/種の起源 」で登場したシリ(どちらというと悪役)というスピーシーズがいて、彼女と同じ遺伝子を持っている、つまりクローンのイヴが登場する。演じたのは前回,シリを演じたナターシャ・ヘンストリッジ。前回に引き続きに出演している役者さんには、マイケル・マドセンうやM.ヘルゲンバーガーがいる。
 イヴはシリと違い、ローラ達により育てられたため,教養があり純粋というか温厚な性格の持ち主。 一方、もう1人(1匹?)の男性のスピーシーズ(スピーシーズに感染された元・人間)が人々を襲い始める。
 そこでローラ達が再び立ち上がり,人類と宇宙人の戦いが始まるのである。 第一作目とは違った状況に陥るのだが, 第一作目とは違うおもしろさが楽しめる。 宇宙人に追い詰められるシーン, 人の動きがゆっくりに思えた。 しかしスリルがあった。 最後に イヴとパトリック(男性のスピーシーズ)のツーショットのヴィジュアルはすごいと思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-29 22:59 | 映画タイトル さ行

artist&actor

d0058606_11211776.jpg
 アーティストであり、俳優でもあるウィル(・スミス)に最近はまっています。 俳優としてもアーティストとしても幅広く活躍しているし、スクリーンの中でも普段もとてもおもしろいところが好きです。 わたし的に「アイ,ロボット」 の時のウィルが一番良いと思います。(めちゃめちゃマッチョでかっこいいです。) 髭もかなり似合っていてかっこいいです。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-20 18:02 | ハリウッドスター

ブレイド

 この映画は以前からずっと見たいと思っていたのだ。 内容は至ってシンプルで、正義のヴァンパイアと悪のヴァンパイアとの戦いを描いたもの。主人公ブレイドはヴァンパイアにされた母親から生をうけた,人とヴァンパイアの二つの血の流れる 人に限りなく近い存在。そんな ブレイドが悪のヴァンパイアを倒していくさまに見所がある。
 「ヴァンパイアハント」と知って、まさに私好みだと思った。しかも剣をつかったアクション系というのがまた良い。 ブレイドの敵を倒す時のキレのあるスタントアクションや剣さばきがとても痛快というか 爽快で,かなりかっこいい!!
 主演のウェズリー・スナイプスは私のイメージでは「バットボーイズ」「バッドボーイズ2バッド」のマーティン・ローレンス(彼の人柄や演技、役所はかなりおもしろくて、ウィル・スミスとは息ぴったしで,名コンビだと思う)のような役者(というか役所)だと思っていたが,実際の彼はとても渋みのある人だった。 マッチョな体はもちろん,個性的なヘアスタイルにその下にあるイレズミが彼の男っぷりを象徴している。
 これまでのヴァンパイア映画のイメージをくつがえすヴァンパイア映画であり、見ている時も見終わった後も(最初から最後まで)とてもスカッとする映画なのでおすすめ映画の一つとしてここに紹介させていただきました。 「アンダーワールド」と並ぶとてもおもしろいヴァンパイアアクションです!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-19 00:18 | 映画タイトル は行

美女と野獣

d0058606_11225593.jpg
 私の特に好きなディズニー映画の一つが,この1991年に公開された「美女と野獣 」である。ミュージカル仕掛けのストーリー展開がおもしろい。特に主人公ベルが踊って歌うシーンが私は好きだ。映画の前半の方で流れるベルの,街で街の人々と歌う歌は思わず口ずさんでしまう。
 すごいと思うのは ベルと野獣が城の中のダンスフロア(舞踏会を開けそうな広間)でのロマンティックなダンスシーン。様々な角度から二人の踊る様子が映されていて魅了される。
 ストーリーは私の好きな内容なのだ。人が魔法により別の生き物に変えられてしまい、最後には愛の力で元の人の姿に戻るというタイプの話。 野獣がベルとの出会いにより 心優しき存在へと成長していく過程がわたし的に見所の一つだ。 そしてハッピーエンド。
 キャラクターの動き、色使い、ストーリー、バックで流れる歌や曲の数々...etc 良いところをあげだしたら きりがない。 このようなファンタジー系はめちゃめちゃ好みである。 何度見てもおもしろい!!  実写映画で再び公開されたらなぁと私は切実に願っている。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-17 23:30 | 映画タイトル は行

WILD,SEXY,HANDSOME☆

d0058606_193452.jpg
 今回紹介する,ジェラルド・バトラー は私の中で今、ベスト3に入る俳優さんです。 前回も同じようなことを口にしたかと思いますが ジェリーのまずルックスにもひかれましたが,彼の気さくなところやおもしろさ、歌にかなりひかれましたv 映画「オペラ座の怪人」でのファントム役がなんと素晴らしいことか!  一度 聞いたら めちゃめちゃハマルと思います。 出来ることならもう一度聞きたい。

 
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-12 00:29 | ハリウッドスター

ドラキュリア2000

d0058606_1931568.jpg
 久々のブログです、今回は私の大好きなジャンルである,ヴァンパイア映画の一つを紹介したいと思います。
 ドラキュリア役は オペラ座の怪人でファントム役を演じたセクシーかつワイルドな、そして時にチャーミングなスコットランド出身のジェラルド・バトラーだ。この映画を見た理由の一つは まさしく彼が出演していたからである。春に一度 借りたのだが 以前にもテレビで後半部分だけ見たことがあった。なので 以前見たところの背景を見ることができた。 以前、初めて見たときはジェラルドのことは よく知らなかったので 彼だと気付くまで時間がかかった。 ジェリーは歴史(?)系と現代系のどちらとも合っていると思う。
内容はかなり良かった。ドラキュリアは信頼する人の裏切りがきっかけでヴァンパイアとなったようである。ジェリーが演じる ドラキュリアはとても魅力的でありながらブラックな面が内に常にあるヴァンパイアというカンジ。 ジェリー自身の魅力は全体のバランスがよさ、 ヴァンパイア役にはもってこいであり、男らしく、低めな声、そして歌がものすごくうまいところ...etc だ。
一番 印象的なのは、封印が解かれ,美しく復活するシーン。「なんて ヴァンパイア役があっているんだ ...」としみじみ思った。 ちなみに 他のヴァンパイア映画で出てくるヴァンパイアで好きなのは インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアレスタトですvV 
 続編も見てみたい。 ジェラルドファンの方は これは見逃せないと思います&おすすめです。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-07-08 19:52 | 映画タイトル た行