<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

電車男

  映画の他に本や漫画、舞台化ドラマ化されている「電車男」。 私は映画ももちろん見たし、ドラマの方も最近 見るようになった。 映画とドラマとでは役者さん違うのでそれぞれ違ったおもしろさがある。どちらにも素晴らしい役者さんがそろっています。 きっかけは友人から薦められたというのもあるし、1人の人間の成長を映画を描いた話にとても関心があるからである。
  ドラマ「ウォーターボーズ」「FIREBOYS め組の大吾」などで熱い好青年を演じた, 山田孝之が 映画版「電車男」の電車男を演じるということを初めて聞いたとき かなり驚いたけど 映画で電車男を見事に演じているのを見て さらに驚き。 変身?前の電車男に扮した彼は(アキバ系をよく知らない私が言うのもなんですが)アキバ色に染まっていました。 変身後は美青年に! 
  冒頭から何人もの人がパソコンをひたすら打ち、セリフが最初の数分はない。 これはこれから始まるストーリーがおもしろいということを示していると言っても二言ではないだろう。 笑いどころなシーンがもりたくさんな一方, 感動的なシーンも組み込まれている。 「コメディならひたすら笑いを、アクションならアクションを中心に」といったカンジのモノも良いけど、このように一つのジャンルの中に複数の要素が入っている映画はさらにおもしろい!! エルメスのために一生懸命な電車男に感動した。 好きな人のためにここまで一生懸命になれるなんてすごいというか、良い意味で泣けた(>_<。) あともう一つあげるとしたろら やはりなんと言っても電車男を支えるネットの住人たちの, 電車男に向けられる応援の言葉一つ一つだ。
  映画の中に良く出てくる顔文字。これがまたおもしろい! 特に顔文字が動くシーン。電車男の気持ちがリアルに表現されている。 それから ネットの住人の一員であるあのヲタク3人組。 電車男にするアドバイスの数々や、その一方で自分たちの世界に入り今の自分たちの気持ちを表現する彼らは「電車男」でははずせないキャラクターだと思う。
  観ている側も絶対 電車男に「頑張れ!」と応援したくなる、そんな映画である。最後の最後まで見逃せません! DVDが発売されるのが待ち遠しいデス☆彡
[PR]

by jd69sparrow | 2005-08-15 18:23 | 映画タイトル た行