世界の中心で愛をさけぶ

d0058606_1201538.jpg
 昨年 映画化、そしてドラマ化にもされた。「世界の中心で愛をさけぶ 」。 ドラマはほとんど見なかったのでわかりませんがとても魅力的な物語です(近いうち原作本を読んでみたいと思います)。 ジャンルで言えばヒューマンもの。 私はめったに映画やドラマを見て うるってなることはないのですが この映画はそんなうるってなってしまうような心にぐっとくるシーンが数多く、きっと一人で見ていたら泣いていたことでしょう。
 今、大活躍中の監督 行定 勲さんがメガホンをとっている。 今までは名前しか知らなかったので まさか若手の方だと聞いて驚いた。 彼の作品である「世界の~ 」には監督としての
プロ魂 を感じたからだ。 私は思った、現在では経歴の長い人だけでなく 若手の監督や役者さんがだんだんと素晴らしい心に残るものを作り出しているのだと。
 主人公 朔太郎を演じるのは「解夏 」が記憶に新しい,大沢 たかおさん、朔太郎の少年を演じるのは森山未來くん、朔太郎にとってかけがえのない存在である亜紀を現在公開中の「タッチ 」の南役を好演している,長沢まさみさん、朔太郎の現在の恋人 律子を演じるのはアーティストとしても活躍している柴崎 コウさん、そして重じぃを山崎 努さん。 とても豪華な役者陣である。 
 切ないところもあるけれど、思わず笑みがこぼれてしまうようなところもある。 ほのぼのし、それでいて 静かな映画が私は好きだ。 背景から見てもよくて、20年前の日本風景は写真や映像でしか知らないけれど なんとなく感じたのは 80年代の時代風景がうまく映像化されているのではないかということ。 海の見える町というのはとてものどかである。 私はこんなのどかな町に一度は住んでみたいと思った。
 「この映画の印象的なシーンは?」と聞かれたらきりがないだろう。 どの役者さんの演技も
印象に残る、私は山崎 努さんの渋い演技が心に残っている。 時に力強さを感じさせる演技は忘れられない。 渋い演技をする役者さんにはまっている私にはびびっとくるものがある。
 長沢まさみさんの演技に注目。 亜紀の役はこの人しかありえないだろう。 笑顔がとても可愛くて、それに役者としての心意気もすごいと思った。
 最後までとても見ごたえがあり、ラストも見ていてとても心地よいです。 ぜひぜひ皆様見てみて下さい!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-30 16:30 | 映画タイトル さ行

レモニー・スニッケットの世にも不幸せな物語

d0058606_20394033.jpg
 コメディ映画の奇才ジム・キャリー主演の不思議な物語。 2時間にも満たない実写映画としては やや少なめな時間だが、とても興味深いストーリーだ。 まさに物語の世界そのもので 絵に描いたような世界、例えるなら水彩画であると思う。
 ヴァイオレット、クラウス、サニーの3人兄弟に次々と“不幸せな出来事”がふりかかるという内容。 邦題を見て察する方が多いのではないかと思いますが、この「レモニー~」の世界観は某スペシャルドラマのよう。 不思議で、謎の多いことがたくさん、それは3人を取りまく登場人物達にももちろん言えることだ。
 ジムの役への気合いは目を見張る。彼の主演作品は主にコメディ物であるが多いが、もちろんそれだけにとどまらないの彼の魅力の一つで、ヒューマン系への出演も印象深いものがる。例えば「マジェスティック」がそうと言える。 驚いたのは彼の即興のすごさと言ったら、もう! ただ用意された台本どおりに進めるのではなく、俳優自身って自由なもの。 このようなケースはこの映画のほかないのではないか。 この映画でのジムはとても楽しそう。 私は映画館にではなくDVD化されてからはじめて「レモニー~」を見たのだが本編から特典映像にいたるまでおもしろい☆ DVDなどでメイキング映像を本編と共に見ると見方が違って思えるのがよくわかるだろう。 ジムもまたカッコいい役者さんであり、実力的にもトップクラス。そんな彼が演じるオラフ伯爵は全編通して、格好が変わり それを見ているだけでもかなりおもしろいのではなかろうか。 先ほども言ったようにジムの即興でセリフをその場で作り上げるという才能はやはり注目すべきだ、そして これからの彼の主演作への期待が高まるばかりである。
 3兄弟一人一人の才能にも驚きであるが オラフ伯爵はそれ以上。 悪役なのに見ていると 不思議と好きななれる、そんなキャラクターだ。 オープニングの雰囲気で物語が進行するばかりではないのがよくわかった、それは映画が始まってほんのひとときの間の印象ということなのだが。 前半からとても強い印象を受ける、それと同時にこの物語には何か裏があるのでは?というふうなイメージを受ける。 ジャンルはブラックコメディといったところだろうか。
子役の三人がとても可愛いと個人的に思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-28 03:10 | 映画タイトル ら行

ラブ・アクチュアリー

d0058606_23474064.jpg
 少し前までラブ系の映画には興味がなかったが、今ではかなりはまっている。とは言え、それほど多く見たわけでもない。これから見ていこうと思う。ラブ系の映画と言えば、私はまずヒュー・グラントやれニー・ゼルウィガーの出ている「ブリジット・ジョーンズの日記 」のシリーズを思い浮かべるだろう。 そして ラブ系に出ている役者さんと言えばヒュー・グラント。 彼の主演している映画はおもしろい!! 先ほど上げた,「ブリジット・ジョーンズの日記 」はもちろんであるが「ノッティングヒルの恋人 」が印象的である。 「ノッティングの恋人 」とは全く立場が逆の役なのだ。
 この映画の主人公を演じるのははヒューだけではなくい。ヒューとは「ブリジット・ジョーンズの日記」 で共演した,コリン・ファース、今年 「バットマンビギンズ 」や「キングダム・オブ・ヘブン 」に出演し活躍中のリーアム・ニースン、「ハリー・ポッター 」シリーズでお馴染みのアラン・リックマン、同じく「ハリー・ポッター 」に出演したエマ・ワトソン、「パイレーツ・オブ・カリビアン 」や「キング・アーサー 」のキーラ・ナイトレイなどが出演し、主人公は5人以上。 それぞれの主人公たちの物語の背景こそ別だが どこかでつながっているものがある
 主人公一人一人が誰かに恋をしている、それは少年・少女から大人までの恋愛を描いているのだ。 どの主人公の物語をとっても素敵なものであり、見ていて心をリフレッシュさせてくれる。 様々な恋愛のカタチがあり、1つの映画にいくつもの物語が入っている。 それは主人公の人数分のおもしろさがこの映画にはあるということ。 
 「ラブ・アクチュアリー 」にはなんと、「Mr.ビーン 」のMr.ビーンを演じたローワン・アトキンソンが出演しており、出番は少ないが確かな存在感があり、良い意味で忘れられないキャラクター。いや、忘れてはいけない人物を彼は演じている。思うにローワンは「ラブ・アクチュアリー 」における隠し味 。 このことから考えてもこの映画の構成が巧みに作り上げられているのがよくわかる。 今まにはないカタチのラブストーリー、主人公の一人ダニエル(リーアム・ニースン)の息子サムのアクロバットにも注目です
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-26 00:56 | 映画タイトル ら行

ブラック・ジャック 劇場版

d0058606_2038121.jpg
 ビデオの整理をしていたら、なんと「ブラックジャック」の劇場版の放送を録画したものを見つけた。 年末に公開される映画より前に映画化されていたことを初めて知ったのである。 私が「ブラックジャック」に興味を持ち始めたのは 現在放送されているテレビアニメ版が始まる少し前に放送されていたスペシャル版以来だった。 手塚治虫さんの作品は数多くありますが 「鉄腕アトム」が新しく放送されたものを見て以来 興味を持ったのは2作品目である。 いずれにしても手塚さんが手がけた作品は素晴らしい、これを気に手塚治虫作品を見てみたいと思った。「ジャングル大帝レオ」や「リボンの騎士」など。
 以前に放送されたスペシャル版で「ブラックジャック」にはまった私は毎回かかさずテレビ放送を拝見しているくらいだ(原作本も読んでみたいと思う)。 不可能とされる病気の手術を見事に成功させるブラック・ジャックに興味をそそられたのである。 彼のキャラクター性や真意を知り、ますますひかれた(と言ってもそれはほんの一部に過ぎないのかもしれないが)。 「ブラック・ジャック」はアニメやコミックだけではなく、何年か前に実写化されたこともあった、ブラック・ジャックを演じたのは“ギャツビー”や“伊右衛門”のCMでお馴染みの個性派・俳優 本木雅弘さん。まさにぴったしだと言えよう。 一度その実写版も見てみたい。
 この「ブラック・ジャック 劇場版」は十年近く前に公開されたものらしい。 この映画が公開されたこと、最初にコミックが出ていた頃を考えると 「ブラック・ジャック」がかなりの人気があることがわかる。
 とても迫力があり、いつもよりシリアスなストーリー展開となっている。 絵のタッチもだいぶ雰囲気が違うがやはり 「ブラック・ジャック」はおもしろい! 謎の組織にまきこまれ、超人類と呼ばれる人々の謎を解き明かしていくという内容。 人物から体の中にある臓器の数々まで繊細かつリアルに描かれている。 
 ブラック・ジャックが患者の病気を治すために全力を出す様やその熱い想いはすごいと思った。手術シーンは特に手に汗握る。 テレビアニメ版と共におすすめの映画です !!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-24 00:31 | 映画タイトル は行

バック・トゥ・ザ・フューチャー

 d0058606_17555657.jpg
 過去に見てきた映画の中で特に印象深いSF映画と言える。 今からちょうど20年前に公開され、その後 何度もテレビで放送されるほどの人気はすごい。私自身、何度見たかわからないほど見たと思う。 この映画は昔から好きで、実際にUSJへ行き、このアトラクションに乗ったほどだ。 映画もアトラクションも最高におもしろかった!! デロリアンも当然その時 見に行ったが すごくかっこよかった。
 主演は「スチュワート・リトル」のスチュワート・リトル(声で)を演じた,マイケル・J・フォックス。内容はブラウン博士が発明したタイムマシン“デロリアン”で主人公マーティが、30年前の過去へタイムトラベルするというもの。 タイムマシンで時をさかのぼることができたら どんなに素晴らしいことか! 主人公はもちろんマイケル演じるマーティだが、デロリアンももう一人(?)の主人公と言えるのではないだろうか。
 この「バック~」シリーズのいずれかに少年時代のイライジャ・ウッドが出ているという話を聞いたが、私はまだその話を聞いてから見つけられていないので これから意地でも見つけたいと思う(この情報はずいぶん前に聞いたので間違っていたらごめんなさい)。 
 この映画のおもしろいところの一つは タイムトラベルすることはもちろん、マーティが過去に行くことで成長していく様子にもあると思う。 マーティと30年前のブラウン博士とのやりとりもまたおもしろいものがある、特に初対面シーン。 
 最後のクライマックスはやはり全シリーズともハラハラドキドキであり、最後まで目が離せない。 マーティとブラウン博士の絆にも注目!!
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-23 18:44 | 映画タイトル は行

フロム・ヘル

d0058606_203623100.jpg
 ジョニデが19世紀のヨーロッパを舞台にした映画を見たのはこの作品が初めてだ。 私は彼の映画でこの時代の,しかもヨーロッパを舞台にした映画は「フロム・ヘル 」を知っていた。 以前に一度見たことがあり 「フロム・ヘル 」でのジョニデは特にかっこいいということをよく覚えていた。 19世紀のヨーロピアンの役どころは彼にとても合っており、なんといってももみあげがキマッてる。 知的で冷静沈着、そしてハンサムなのだ。
 基本的にホラー映画は苦手な方だが、今回はジョニデの主演であり、彼の出演する映画はとても奥深いがあるので どうしても見なくてはと思ったのだ。
舞台は1888年のロンドン、あの有名な事件“切り裂きジャック”とジョニデ演じるアバーライン警部の対決を描いたものである。
 次にいつ狙われるかという緊迫感は、まさにホラー系ならではの見所的な要素であると思う。最後まで続く謎解きは思わぬ展開へと進むのだ。 ジョニー演じる,アバーライン警部が謎の連続殺人事件を徐々にそして確実に解き明かしていくさまを見るとどんどんひきつけられていく、自分がいた。 
 現在 公開中の「チャーリー~ 」では 子供心を持った,チョコレート工場の風変わりな工場長ウィリー・ウォンカ を演じている、ジョニ-。 「フロム・ヘル 」ではがらっと変わったジョニ-を見ることができる。 今度 アメリカで公開される映画“The Libertine”はまだ詳しい情報は入っていないが 「フロム・ヘル 」でのエレガントで魅惑的なジョニ-が再び見ることができそうだ(日本での公開はまだまだ先のようだが)。
 前半から ホラー系独特の恐怖感があったが、ラストはとても静けさがあり よくあるホラー系ムービーとは違うカタチとなっている。 マジ、ジョニ-かっこいいですvV
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-22 21:52 | 映画タイトル は行

Mr.インクレディブル

d0058606_2035889.jpg 
 ディズニー映画「トイ・ストーリー」や、「バグズライフ」、「モンスターズインク」、「ファインディング・ニモ」を手がけたピクサーによる大人気映画。 私は公開していた当時、見に行かなかったのだが、おもしろいと聞き見ることになった。 見てみると 想像をはるかに超えるおもしろさがそこにはあった。 子供から大人まで楽しめる内容だ。 まず最初に気づいたのは吹き替え版にあの宮迫さんがいたことだ。 彼はお笑い芸人としても活躍し、今では役者業もこなし まさにマルチな芸能人である。 その彼が今度は声優として映画に出演している。 まだ、吹き替え版は見ていないが きっとあっているにちがいない。  
 ストーリーは特殊能力を持つ一つの家族が悪を倒すヒーローもの、そして家族の絆を描いている。 複雑なことなしに ひたすら楽しめる、最後まで見る人に希望を与えると同時に 「次はどうなるんだろう?」とストーリーが展開するにあわせてわくわくさせてくれるのだ。
 家族一人一人がそれぞれ異なる特殊能力を持っている。 それぞれが誰もが欲しくなるような能力なのだ。 私はもし持つことができたなら長女ヴァイオレットの能力がいいと思う。
 インクレディブル達と共に悪に立ち向かうヒーロー,フロゾンを忘れてはならない。彼の特殊能力にも目を見張るものがあり、私はこの映画のヒーローの中で彼が一番好きだ。頼もしい味方であり "クール” に敵を倒すところが魅力的だ。 
 そして最後の最後に意外な展開がv 最初から最後まで失われることのない この楽しみこそが「Mr.インクレディブル」の一つの隠し味ではないだろうか。 アニメ映画を見たことがない方もぜひぜひ見てください、とても見る価値ありの最高の映画です。
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-18 17:41 | 映画タイトル ま行

魔女の宅急便

d0058606_132371.jpg 
 ジブリで宮崎監督作品は数多くあるが私は「風の谷のナウシカ」、「となりのトトロ」から見ている。 宮崎監督作品は他にはない独自の技術がたくさんあって、その素晴らしさの数々はここでは書ききれないほどだ。 なんと言っても見る人が その映画の世界にいる気持ちにさせるというところがすごい。 よく自然の風景が流れるシーンがあり、その手法を知ってから私は電車に乗るときや歩いている時にその風景の流れを楽しんだものだ。 今でも思い出しては見る角度や距離によって同じものでも違うというのを楽しんでいる。 
 「魔女の宅急便」は原作を知るよりも早くこてろの映画を知った。 もちろん原作も少しだが読んだことがある。 今では“世界の人”とされるだけあり 宮崎監督の一つ一つが私たちに感動や温かさを与えてくれるのだ。 そんな宮崎監督の手がけた「魔女の宅急便」、ジブリならではの要素が満載で、目が離せないほど よき映画です(これは宮崎監督作品全体に言える)。
 最初はおてんばな ただの見習い魔女というカンジだった, 少女キキが少しずつ少しずつ着実に成長していく姿が良いなぁと思う。 新しい街で出会った人とのふれあいが心温かい。 どのキャラクターも生き生きしていて 人間関係を見ていくの一つの楽しみ方ではないだろうか。 
 印象深いのはやはり後半のあたり。ここがキキの魔女としての一番の見せ場であり、クライマックスだ。 最初に街に降り立ったシーンも今でも心に残っている。「大丈夫かな?」と少しハラハラするところである。
 私がジブリ作品で好きなキャラクターのタイプは主にセリフが全くなかったり、少ないキャラクターだ。 この映画では ジジとある家の犬のやりとり。 その犬がなんとかわいくて賢いこと!
 映画の中で流れるテーマや歌にも注目。 音楽だけでも十分楽しめる。 エンディングが終わるまでけして見逃せない映画、ジジのあいらしさにも注目。 自然に囲まれ、どこか田舎っぽさを感じさせるキキの選んだ街はまるでヨーロッパの中の小さな国のよう、例えばイタリアやフランスにありそうな街。 一度は訪れて見たくなるのだった。 私たちも キキのように箒で空を飛べたらどんなに良いことでしょう、キキが空を飛ぶシーンは見ているだけで気持ちがよい。
 ジブリ作品に興味ある人は見逃せない一品。 できることなら宮崎監督にはこれからも この「魔女の宅急便」のような素敵な作品を世に送り出して欲しいと願うばかりだ。 「ハウルの動く城」のビデオ・DVD化が待ち遠しい!
  
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-17 01:32 | 映画タイトル ま行

ラッシュアワー

d0058606_19121760.jpg 
 “ジャッキーと言えばコレっ! ”と言っていいほどおもしろい映画です。 もちろんどの作品のジャッキーも良いのですが。 とはいえ 今まで見たのは「ラッシュアワー」「ラッシュアワー2」「フー・アム・アイ」、そして「シャンハイ・ヌーン」。ジャッキーはウィル・スミスがそうであるように アクションとコメディとが合わさった作品への出演が目立ち、それこそがおもしろいのだ。 時にはシリアスな作品に出演もあり、そこでは普段とは一味違う姿が見ることができ,これもまた良いのです。
 余談ですが この間CDショップに訪れてみると、なんと若かかりし頃のジャッキーのDVDを発見しました。 今とはちょっと違いますが彼のチャーミングさはこの時すでにけんざいしていました。 見るとなんとたくましいやら! 正直びっくりです。 今もそのたくましさを保つジャッキーはすごいと思いました。
 さて、「ラッシュアワー」に話を戻しましょう。 まず思ったことはリーとカーターのコンビがとても良く合っているということ。 二人はタイプが違うけれど、それでもどこか共通するものがあるように感じる。 リーはとても優秀で仲間想い、そしてその中にユーモアがある。 カーターは一匹狼タイプで、本能に従いつっぱしていくが やり手の捜査官であり 人の良さを兼ね備えている。  見所はジャッキーがスタントなしでこなしていくアクションの数々だ。 あの身軽さには驚くばかりである、それにスタントに頼りきらないところが映画じたいに生かされていると思う。 それにクリスの陽気さと前向きさがさらにこの映画を盛り上げていく。
 吹き替え版も字幕版に劣ることなく楽しめる。 テレビなどで放送される吹き替え版は役者とその吹き替えをする人とが合うかどうかも気になるところである。ジャッキーの吹き替えもクリスの吹き替えもこれ以上ないくらいぴったり。クリスにおいては本人のイメージそのまま。 ジャッキーは本人の声はかっこよく,吹き替え版だとかわいらしさがあり、ジャッキーのイメージに合っている。
 私が好きなシーンはリーとカーターが歌うシーンだ。 曲じたいのよさもあるが 彼らの歌いっぷりがおもしろい。 緊迫した雰囲気の中、二人の歌がそんな雰囲気を明るく変えるのだ。 このようにところどころに明るさや笑いを入れることで観る人をひきこんでいくのかもしれない。
 全編、爽快な展開になっており、なんど観てもおもしろい。 はじまりも終わりもとてもすっきりした内容になっている。 話によると「3」が公開されるとのこと。 今度こそは劇場で直接見たいものです。  
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-16 19:19 | 映画タイトル ら行

久々の来日v

d0058606_20322137.jpg
 10年ぶりに来日したジョニ-。 どれだけ望んできたことでしょう!! 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編の撮影中のため かっこいい髭をたくわえたジョニ-v いつになくかっこよくてオシャレである。この画像だとサングラスをかけていますが各メディアでインタビューを受けている際は黒ぶちのオシャレメガネ(サングラス?)かけていて かっこいいような可愛いようなvV 優しさオーラを放つ彼の姿には善き父親としての部分が見受けられました。 インタビューでは常に落ち着いているジョニ-、ウィリー・ウォンカのヘアスタイルについて話題が出てきたときの本人の反応もおもしろかったです。 娘さんと息子さんを見てみたいなぁと思いました。
 やはり髭をたくわえ 短髪なジョニ-がわたし的に好きです☆ 次はそう遠くないうちに来日して欲しいと願うばかりです。
 となりにいるフレディー・ハイモア君がまた めっさ可愛いデス!! これからのハイモア君の活躍に期待がかかると思います。


 
[PR]

by jd69sparrow | 2005-09-14 16:28 | ハリウッドスター