<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ニュー・ワールド

 d0058606_1759454.jpg
 400年も前にイギリス人はアメリカの大地に降り立った。 その当時はネイティブ・アメリカンが多くそこに住み,まだそこは誕生したばかりの世界だった。 人間の欠点であるもの,マイナスな感情といったものがなく無垢だかれいど自由な人々がそこで暮らしていた。
 遠いイギリスからやってきたジョン・スミスとネイティブたちの王の娘ポカホンタスの恋と二人がそれぞれ見た新世界を彼らの視点で描いた実話に基づかれた話である。だから題名が持つ意味は大きく深いのだと思った。
 この出来事が起こったヴァージニアでこの映画は撮影されているという、これはすごい。常に形を変えゆく世界で今もなおそのまま残されている,これほどまでに壮大な自然が残されているなんて! 人物だけでなく新大陸じたいにも注目。 限りなく広がる海と緑が大きく映し出されているわけだが、今まで見たことがない自然がカタチをなしているその姿はきれい。 ドキュメンタリーのようであり、描かれている世界が身近に感じるのは自然光を活かした珍しい手法(撮影方法)がゆえなのだろう。 マリック監督のこだわりである。 自然光が働きかける強さは明らかだ、すごい。
 ネイティブ・アメリカンたちはまるで緑の自然に適応しているよう。観る者はあたかも17世紀初頭のアメリカにタイムスリップしたかのような気分が味わえる、スクリーンを通して当時のアメリカを見るというふうに。 そしてリアルな新大陸が表れている。
 ポカホンタスは生涯出会った二人の男性,スミス(コリン・ファレル)とロルフ(クリスチャン・ベール)を愛す。 二人の男性はそれぞれ違う愛をポカホンタスにそそぐ、愛するカタチ違えどどちらも彼女を笑顔にさせた。 ファレルとベールの持つ魅力がそのまま出ている、スミスはワイルドでポカホンタスを抱きしめるその時愛情という名の温かさがある、ロルフはその全体から優しさがあふれ出ている。
 ベールと言えば「マシニスト」では人間の限界ではないかと思われるほどの減量をし、「バットマン ビギンズ」では逆にマッチョなボディを築き上げるといった役作りに余念がないという印象を受けていた。 今回もまた違ったベールの参上だ。 髪をのばし髭をたくわえたその姿は気品ある紳士そのもので(彼の作品はまだあまり知らないけれど)一番かっこいい。
 木々,生い茂る森の中、風にゆられカサカサと静かに音をたてる。その真ん中に立ち,そっと耳をすませると森の声というべき呼応(音色)はきっとこの上なく気持ちのいいことだろう。 その心地よさこそ彼ら(ポカホンタス、スミス、ロルフ)の間で交わる愛なのだと思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-30 00:43 | 映画タイトル な行

平成狸合戦ぽんぽこ

d0058606_2271475.jpg 
 野生の狸たちと人間、狸たちは彼らの住む場所へ危機が近づきつつあることを知っている。摩訶不思議なものでもあり社会のテーマが一つ取り上げられている面から見ると,ちょっと現実感が出しているのがわかる。 狸と限らず野生の動物たちは常に人間たちに追いやられていく。  狸の語りで始まるカタチといい,そんなストーリー展開といいある意味で狸版「男はつらいよ」のようなカンジ、つまり「狸はつらいよ」とも言えそうだ。 基本的に楽天的な雰囲気が目立つけれど 現実から見たらその文字どおり「狸はつらいよ」だ。
狸や狐と言ったらという楽しみがある。 それは変化(へんげ)。 人それぞれに個性が違った個性があるように彼らにとってもそれは同じで、個性豊かな変化をじっくり見るのも楽しみの一つ。
変化には狸たちの工夫がいろんなカタチで表れているからだ、賢いと思える者もあれば、おかしな者もあったりする。 狸社会の表現とも言える。 ただ、食べ物を食べてのびのびするのではなく、人間界という別世界から多くを学んだりするという光景もおもしろいところ。
 狸たちが生きる中で現代的に描くところもあれば昔々の狸という古典的な部分もちゃんと出ている。 現代の新しさだけでなく昔から生き続けたものや文化を一つさらに加えるというのもとても大切なところであろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-29 23:57 | 映画タイトル は行

タイムマシン

d0058606_0482194.jpg
 “過去に起こった出来事はなぜ変えることができないのか?過去へ遡っても”。アレキサンダー(ガイ・ピアース)は愛する者を失った悲しみが大きかった、だから受け入れることもできなかった。その疑問の答えを知るために未来へと旅立っていった。
 どんなに科学が発展し,世界が進化しようともいつかはカタチこそ違うが人類は、地球は原点にもどるのだということがわかる。21世紀以降,進むところまで進み崩壊し、原点へと人は辿り着くということだ。人類は過ちを犯す生き物なのだ、その結果が80万年後という気が遠くなるにも程がある,遠い遠い未来にある。
21世紀で話される言語が遺物となり主流言語でなくなる、これも十分にありえることなのだろう。今使われている言語は気が遠くなるほど先の未来では古代言語で、今で言うなら例えばエジプトの絵や図形のような文字のような存在なのだ。
タイムマシンでタイムトラベルというのは夢のあるものでありその行き着く場所は,そしてその生み出す結果は悪いものではないというのが今までのタイムマシーンのイメージだった。「タイムマシン」はそれを覆すもの、だからその点では現実を見た作品なのだと思った。
最初は少し先の未来の世界の優れた姿にすごいというふうに目を輝かせる、次にうんと先の世界では絶望するしかなく,そしてそれよりはるか先の世界では驚愕の真実のあと人類が犯した罪は未来の人類がずっと背負うことになるのだ。
つらい記憶からの脱出のため、過去を振り返らないことが必要なこともある、だが時には受け入れ認めることも必要であり、大切だと主人公は悟るのだ。
当たり前のことだけど結論としては“一度起こってしまったことはどんなことがあっても変えることはできないのである。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-28 09:14 | 映画タイトル た行

ターミネーター2

d0058606_048439.jpg
 審判の日。未来へ続く未来への審判の日であると私は捉えている。 私達が歩む未来は今生きる私達しだいで善き幸せで平和な世の中にも,逆に悪くもなる。今まで多くの未来映画を見てきたがどれも共通して言えるのが,決して前者の世の中ではないということ、つまり多くが絶望に満ちた未来だったりとか明るいものではないのだ。実際もしかしたらこのまま何も変わらず進んでいったとしたらその可能性はなきにしもあらずだ。「ターミネーター2」でもやはり同じことである。
 人類と機械との戦争、人類は自分たちの作り出したものにおされているわけなのだ。
 そんな未来から、絶望から人類を救うため,そしてもう一つはまだ少年のジョン・コナーを狙う魔の手から守るために少年時代のジョンのいる過去へターミネーター(アーノルド・シュワルツネッガー)が送られてきてジョンやジョンの母親であるサラとターミネーターが悪の兵器と戦う話である。
 ターミネーターの初登場シーンが毎回お約束になっていて,「なんでだろう」といつも想う。なぜに服を… シュワちゃんのアクション映画ではかかせないものなのか。
 敵のターミネーターはほとんど無表情で何度やられてもひるむことなく,やられることなく無言で追ってくる。ちょっと怖い。でもこのターミネーターのインパクトは強く、記憶が確かなら他のシュワちゃん映画にちらっとではあるが顔を出していた。
 シュワちゃんが演じるターミネーターもまた無口で任務の遂行が第一というふうだけど今回は感情というものが備わっていて,サイボーグであるゆえの?、それからジョンの影響で学習していくのがおもしろいし、敵のターミネーターに対抗していくといSFアクションならではの二つのおもしろさがあるからこそ何度見ても楽しむことができるのだ。
 
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-27 13:00 | 映画タイトル た行

ペイ・フォワード 可能の王国

d0058606_0491125.jpg
 “次へ渡せ”それは希望である。トレバー少年は中学校に入りそこで出会った教師から出された「世界を変えるたまえに自分たちができることを考える」という課題、トレバーがそこで考え出したアイディアがサークルのように人々の間でゆっくりと確実に広がっていく。それはとても素敵なアイディアである。サークルの全ての源が彼であることにとても意味があるのだと思った。そのアイディアは“一人が別の三人を彼らの抱える問題から救う、その礼として求められるものは助けられた者からすると奇妙なものだった,助けられたものはそのアイディアにならいそれを“次へ渡す”のだ。
 「シックス・センス」、「A.I.」、そしてこの「ペイ・フォワード」とオスメントの演技には心打たれるばかりだ。ケビン・スペイシー、ヘレン・ハント、ジム・カビーゼルなどの実力派なども揃っていて,オスメントを含めてこの顔合わせでかえどもこの作品を観る価値が高い。
 トレバーを教えるシモネット先生は心の傷を負っていてトレバーと母親のアーリーンの二人の分を自身のその経験から強く想っているのだおということがよく伝わってくる。そして彼の言う「誰の心にも可能性がある」というセリフがある、これはトレバーの心を善き方向へ動かし,そこから可能性への未知を切り開く鍵となり,その鍵は彼のまわりの人々の閉ざされた心の扉をも開くことになる。これがきっかけとなり自らの心の扉も開くことになる。
“次へ渡せ”という言葉、困難にぶつかっている人々に手を差し伸べてその人を見て一緒に問題に向きあうことの大切さが大勢の人々目に触れ伝わったことを証明するラストシーン、トレバーが自身が出した意味の深さを語るシーンは感動した。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-26 17:29 | 映画タイトル は行

真田 広之

d0058606_0493763.jpg 
 久しぶりに一つ語りたいと思います。 時代劇など古き日本を舞台にした映画やドラマに多く出演し,輝きを放つ真田さん、だけど初めて知ったのはずいぶん前にやっていた名前は思い出せないが現代劇に確かシェフの役か何かで出ていたのだ。 あとは“ぜんぜん”というお酒のコマーシャル。 当時は紳士な俳優としか思っていなかったが、映画「陰陽師」で悪役として登場したときのあの有名なセリフ「おのれ、晴明ーっ!!」という(感じの)とどろくような叫びが忘れられなかった。 さらに数年前に真田さんに大いに興味を持つことになる決定的な映画が公開された。 「ラストサムライ」である。 彼の役どころは超越した武士の心を持った人物である。 なんて斬新な演技をする人だろう、そう思った。 やはり日本らしさを表現できる人、武士になれる人こそ海を渡り,羽ばたいていけるのではないだろうか。
 「PROMISE」では武将に扮しているわけだが、威厳に満ち,鎧をまとったその姿はもちろん、表情のつくり一つ一つやすらすらと出てくる中国語がとても綺麗で優雅なのだ。 時に声を高らかとあげ,観る者の心にそれを響かせ よい意味でそこに振動を起こし、(真田さんの)落ち着いた-小川の流れのようにおだやかに-流れる言の葉は心地よくさせる。 「亡国のイージス」では佐藤浩市さん、中井貴一さんとの名優ぞろいが見られる。 この作品はまだ観ていないが三人の名優による名演技がどうぶつかっていくのかが期待大だ。 彼らに共通して言えることは時代劇から現代劇を見事にこなすダンディで男前なところであろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-25 19:15 | 日本の役者

ムーラン

d0058606_0501570.jpg 
 ディズニーが贈る中国を舞台にしたアニメーション、一人の女の英雄伝と言うべきか。例えるならディズニー・アニメーション映画・チャイナ味あるいは風味という感じ。人物や背景のタッチが絹のような柔らかさで全体の雰囲気は羽衣のよう。
 おそらくは中国が中国とい名を持つ前の,秦などの漢字一字であった皇帝が大いに権力を揮っていた時代。そういった政がとても栄えていた頃だったのだろう。
 悪党シャンの来襲で危機に迫られた国,王を守るべく男が駆り出される中、ムーランの父親に徴集がかかる、がしかし戦場に立てる状態ではなく そんな父親を想い軍へ父親に代わって国と王のために向かうことになる。
 民族楽器などその国特有の楽器に頼らない,バックサウンドはそれまでのアジア音楽とは違うディズニー音楽ならではの良さを残しながら新しいアジアン・サウンドを作り出した、それは多くのシチュエーションで使われるほどの素晴らしい調である。
  ムーランは男に変装して兵へもぐりこみ、ピンと名乗る。女であるムーランは男のように強く成長を遂げていく。 ヒロインが男に化けてヒーローとして功績をあげていくというストーリー設定はあまりあるものではなく,興味を抱けられるのだ。
 デカ、チビ、やせっぽちの3パートが揃う、その中には“デカ”にあたる坊主の男、ムーランの仲間となんといってもムーシューが好きなトカゲっぽいマスコット・キャラクターのようなルックスな赤いドラゴンは元々は守り神でけどみんなのペット的なポジションでおもしろい。
 ムーランの美しく響き渡る歌声と大将に負けない人をまとめる血kらが開花していくさまを見て欲しい。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-24 17:23 | 映画タイトル ま行

tokyo tower

d0058606_1232558.jpg
 年の差を感じさせない恋人たち。トオル(岡田准一)とシフミ(黒木瞳)、コウジ(松本潤)とキミコ(寺島しのぶ)の4人の恋の物語である。大学生のトオルとコウジはそれぞれが年上の,家庭を持つ女性たち(シフミ、キミコ)と惹かれあっていく。あってはならない恋なのかもしれない、だけど2組のカップルの恋愛模様はロマンティックでほのかに温かい炎のようだ。
 トオルとシフミの恋は二人が求めていたものがお互いにあり、これこそが本当の愛のよう。二つのリンクした大人のラブストーリーである。 
トオルが「恋はするものではなく落ちるものなんだ」と悟るあのシーン、そして水中の中に身を沈めるあのシーン(とても絵になる)は素直に「素敵だな」って思う。同じ夜空の下、同じものを見つめる二人は別々の場所に立っている。夜景を彩る東京タワー、なんてきれいなんだろう、そしてそれは太陽が沈み,明かりが消えた真っ暗な空になんて映えることだろう。夜の東京タワーと二人の恋があわさる。
トオルとシフミの恋は徐々にただただ惹かれてあっていく純粋さがあり、コウジとキミコとの恋は何度もぶつかりあい離れても心の奥底ではお互いを忘れられずお互いがお互いを想い続け惹かれあっていく恋である。
トオルとコウジ、シフミとキミコと見てみると全く違うタイプで違う恋をしていくけれど本当に求めるものは違うようでどこか少しシンクロしているように思えた。シフミは静かで大人な女性で自由を、キミコは退屈感ややるせなさからの脱出を求め癒しを必要としていた。キミコの情熱を感じさせるステップがまた強く燃え滾る炎のように熱く,高らかと響いていた。その情熱は彼女の恋愛に対する想いを表すかのように。
この物語はロマンティックに始まりロマンティックで終わるのだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-23 21:49 | 映画タイトル た行

恋すための3つのルール

d0058606_2264065.jpg
 愛し合う恋人たちがいた。主人公のマイケルは恋人ジーナの持つ秘密をしらずにいた。ジーナはマイケルを想いながらも境界線をおいていた、それは父親が裏の商売をしているという事実。マイケル、ジーナ、ジーナの父親フランクの三人の間で物語が発展していく。フランクとの接触で彼に会うまではニューヨークのオークションハウスの普通のアート・ディーラーとして働き平穏な日々から危険と隣り合わせのおかしな生活が始まるのだ。
 恋愛ストーリーを背景においたコメディをちょっとふくらませ,その匂いを匂わせたサスペンスっぽい流れの話。腰低めでお人よしなマイケルと裏の世界で生きるフランクの二人がやるやるとり、後々彼らにとって恐ろしい存在となるフランクがいりう組織のボスとの見えない戦いが繰り広げられることにことのなるのだがそこはやっぱり根底にあるマイケルとジーナの恋の話だけに?というかグラントが今まで選んできた作品を考えるとサスペンスで終盤つき進んでいく物語は満足させられる結果が待っていてそこに至るまでの過程にはちょっとおかしなところあったりする。何か良い意味でラストに裏が用意されているのだ。フランクとマイケルのその時のリアクションもおもしろいけれど必死で悪っぽい口調を使えるよう奮闘するマイケルは滑稽でもあるけれどおもしろい。
 犯罪組織が出てくる話だけど緊迫感で責めすぎず普通じゃないけれど、(嘘は嘘だけど)恋人のため、その恋人を守るためのの嘘を明かされたときは素敵な気がした。
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-22 00:08 | 映画タイトル か行

Movie バトン

サナダさんから頂いた「Movieバトン」をやらせていただこうと思います(だいぶ遅くなってしまい申し訳ないです)。では。

★過去1年間で一番笑った映画は?
(一年間というかつい最近なのですが…)
有頂天ホテル
 ジャンルはコメディだけど出ている役者さんがコメディでは中々お目にかかれない方々が,
勢ぞろいで そういう人たちがコメディに出るというだけでなんだかおもしろいし、楽しい。
何より三谷監督のユーモアが「これでもか!」ってくらいたくさん入ってるというのが作品に盛
り込まれている。マジメで深刻な場面の一方ではおかしな場面があって,この同時進行とそれ らが行き着く先がまたおもしろい、そして最後の最後までそのおもしろさが衰えることない、衰えることを知らない。

★過去1年間で一番泣いた映画は?
ALWAYS三丁目の夕日
 古きよき時代風景がなんと言っても描写として綺麗。この時代にないものが今はたくさんあり、この先もできるだろう。だけど今の時代にはないものも多くあったということがわかる。
 人々の温かさが強く伝わってくるのだ。観る者はまるでタイムスリップした気分になれる。
主人公と少年,汽車にゆられ東京へとやってきた少女と迎えた家族たち、それぞれの間にはたくさんのドラマがあり私はとても感動した。

★心に残る5本?
ALWAYA三丁目の夕日
 この映画の良さは上に記したとおりです。あらゆる年齢層の方々が感動できる温かい映画なのです。

男たちの大和
 少年から大人までの多く男たち、男たちとともに戦いを共にした大和。海上では激しい戦争が繰り広げられ映画館で見るとその大迫力の映像に感銘を受けた。やはり大きな感動は心に残るものだ。厳しい訓練に耐え、深めていく仲間との友情,上の者と下の者が結ぶかたい信頼関係が心に浮かぶ。乗組員たち(男たち)も熱くなれば観ている側もまた熱くなる。

ペイ・フォワード 可能の王国
 一人の少年の提案、それは大きな夢のようなプロジェクトだった。 世の中にこの提案が広がり現実のものとなったら世界は心から豊かになっていくのではないか、そう思った。 テレビカメラを通して訴える少年の様子,そして彼がもたらしたものがわかるあの瞬間もまた忘れがたく,心に残るものであった。

ロード・オブ・ザ・リング」三部作
 各々が三時間におよび全部で約9時間、これほどまでに壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジーはあっただろうか。 旅の仲間一人一人が魅力的。 冒険の道のりを辿るのもおもしろい、そして光と闇の壮絶な戦いがハラハラドキドキである。 指輪を葬る旅のあともつづられる旅物語、それぞれがいるべき場所にもどる。その先もまた気になる。 何年たってもこの物語のおもしろさは色あせない。

ラストサムライ
 この映画にはいろいろな声があるが、私にとってこの作品は心に残る映画として外せない。 渡辺謙演じる勝元(?)と勝元側の侍たちと民の人間性や彼らの間に起こるドラマが今でもよみがえってくる。 渡辺謙や真田広之素晴らしい役者たちが揃い、役でも役者としても侍そのものようである。 これから武士を中心とした映画がもっともっと作られたらなと思う。
★これから見たい映画は?
 デップ、ジェリー作品など好きな俳優さんの過去の作品をあらいざらい。 あと、映画ではないですけど「24」観たいですね。
  
[PR]

by jd69sparrow | 2006-04-21 21:07 | バトン